■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
鳥越俊太郎氏
鳥越俊太郎氏は、ご自身が癌だとわかって 「やった!これで本がかける」と
思われたそう。

でもすぐにではなく、というのも「書いている途中で死んじゃったら困るから」で
5年たって生きていたら書こうと。


なぜ癌の生存率は5年が目安になっているのか。

がんは離れたところへ飛んでいく性質(転移)があります。
転移したての小さながん巣は、どんな診断方法によってもとらえられませんし、
当然、手術でも取り去ることは困難です。そのようながんが残った場合、
一般のがん(例えば、胃がんや大腸がんなど)では術後の経過とともに
しだいに増殖して致命的な結果となります。

そして、5年目までには、その殆どが発症してしまい、それ以後に
再発してくる例は稀です。
ですから、皆さんは、「がんは手術して5年経てば治った」
という話を聞いたことがあるでしょう。

このことから、5年に達する率とは、つまり、「治る割合」を
表しているともいえるわけです。もちろん、手術の後に補助療法
(抗がん剤や放射線による治療)を追加する場合もあります。
がんの種類によって、これらの効果に差があるため、治ったと
いえる年数は前後に変化しますが、平均的な期間として5年が
目安となっているわけです。




さすがに 「やった!」 と思ったことは一度もないけど、
癌になったからこそ見えてきたもの、感じるものはあると思う。


私は本を書くことはできないので、自分の経験や調べた情報を
この Blog でシェアし、それを必要としている方の役に立てたらと
思っています。





スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

生存率 | 08:28:44 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。