■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
高額療養費の続き
確かに高額療養費はありがたい制度だと思う

だけど、実際¥80,100を3カ月支払い、
その後は¥44,400を払わなければならない。

決して安い額ではない。

特に最初の3カ月。


私の場合、去年5月、6月、8月に手術があり、
そこで¥80,100を支払った
入院・手術だったため、事前に申請してあったので
退院時の支払はすでにその適用額だった

その後抗がん剤が7月~12月まであり、それが4カ月目以降にあたったため
抗がん剤投与期間中は¥44,400を支払った

ただし、抗がん剤投与は通院のため一時立て替え払いをしなければならなかった


1回の支払額は飲み薬の薬局支払いを含めて約¥70,000
途中で薬を追加したので、全8回のうち残り2回は約¥130,000
もちろん、これは4割負担額だ。
3週間に1度の通院のため、1カ月に2回支払った月もあった。


自己負担は¥44,400なので、差額は高額療養費の申請をしてから数カ月後に
銀行口座に振り込まれる


去年は術後の後遺症・抗がん剤の副作用、更に金銭面でと
本当に苦しかった (涙)






スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

高額療養費 | 08:43:13 | トラックバック(0) | コメント(0)
高額療養費
医療費が自己負担限度額を超えた場合、超えた分が高額療養費として戻る


例えば私の場合は70歳未満で、一般の課税世帯なので
¥80,100+(総医療費-¥267,000)x1%

という、どこからそんな計算式持ってきたの、と言いたくなるような計算式で
自己負担分を算出する


仮に総医療費が100万だった場合
¥80,100+(¥1,000,000-¥267,000)x1% なので
¥80,100+¥733,000x1%
¥80,100+¥7,330 = ¥87、430

となり、患者さんの自己負担額は ¥87,430 となる

*総医療費は1カ月の総合計(複数の病院、複数回の通院などの合計)

つまり、1カ月の総医療費が、¥267,000を越えなければ
還付の対象にならないので、¥267,000未満の場合は通常の4割を負担し、
仮に¥100足りず¥266,900の場合は、¥106,760を支払わなければならない。

言いかえれば、¥100足りないがために、¥26,660多く
負担しなければならないことになる
(4カ月目以降はもっと大きな影響が出る。下記に説明)



また過去12カ月にさかのぼり、自己負担額の上限の¥80,100に
該当する月が3カ月あった場合、4カ月目からは自己負担額は¥44,400円になる
その3カ月は続いていなくても可


今月9月は、去年の10月~今年の9月をみて
例えば去年の11月と今年の2月と3月に自己負担額を超えていたとすると
その3カ月分は¥80,100で、9月のお支払が限度額を超えたら
¥44,400となる


この4カ月目以降になると、総医療費が¥267,000を超えるか超えないかで
負担額はかなり違ってくる。

というのも、¥267,000を越えれば¥44,400のお支払となり、
前例と同様¥100足りず¥266,900の場合は、
4割の¥106,760を支払わなければならないからだ。

総医療の差はたったの¥100が、個人負担額の差は¥62,360となる






自己負担限度額(70歳未満の場合)計算方法

①課税世帯(上位所得者)
  国民健康保険の方は、総所得金額が600万を超える世帯
  社会保険の方は、標準報酬月額が53万以上の方
  ¥150,000+(総医療費-¥50,00)x1%


②課税世帯(一般)
  ¥80,100+(総医療費-¥267,000)x1%

③非課税世帯
  ¥35,400


70歳以上の限度額については省略します。



テーマ: - ジャンル:心と身体

高額療養費 | 23:23:46 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。