■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
フラッシュバック! 抗がん剤
右手首動脈から採血し、その後10分間押さえていなければならない。
ご丁寧にストップウォッチがかけられる

その間、視界に入ってくるものを見るともなく見ていた。
ここは通院での抗がん剤治療の場所だ。
入れかわりたちかわり、患者さんが入っては点滴をうけ帰って行く。
まるで工場現場の様だ

すると自分が抗がん剤を受けていたころがよみがえってきた
口の中がまずくなって、胃がむかむかとし、気持ち悪くなってきた

実はちょっと変なんだけど、
抗がん剤治療を受けていた半年間のことあまりよく覚えていない
あんなに大変だったのに。
自分のなかでその時のことを切り捨ててしまったのかな


抗がん剤を受ける日は、まず朝採血し、白血球や血小板が少なくても
まだなんとか抗がん剤ができる数値なら合格。

それから入院用の大部屋のように、ベッドが8台ぐらい置いてあるところにいき、
母が握ってくれたおにぎりをやっと食べるが、口がまずくて味はわからない。

抗がん剤を受ける直前が、前回の抗がん剤から一番時間がたっているから
一番食べられるはずの日なんだけど。
ここで食べないと抗がん剤点滴を受けてからの1週間は気持ち悪くてほとんど食べられない

しばらくすると先生が来て、右鎖骨下に埋めてある点滴用のポートに針をさす
あとは看護婦さんが指定された薬のバッグと針をつなげる
それから薬がぽたぽたと体に流れ落ちている間の約3時間はひたすら寝る
前日はわざわざ夜遅くまで起きて、点滴の間寝られるようにするのだ

虐待などにより、現実逃避をするために別の人格を形成して多重人格になる、ということを
聞いたことがあるが、そういうことが起こる瞬間を垣間見たような気がする

目を閉じすべての感覚を閉鎖し、起こっている現実をなかったことにする

終わって、体のエネルギーはすべてなくなり、めまいと吐き気で起き上がることもできない。
外を見るとまだ5時なのに真っ暗(7月~12月に治療をしていた)

これから2時間もかけて家まで帰るのかと思うと、もう少しベッドで寝てたい

やっと立ち上がると足がしびれて感覚がない
抗がん剤で神経がやられているからだ

30分ぐらい待って会計をすませ、道路を挟んだ薬局に行って飲み薬の抗がん剤を買う
会話するのもおっくう、処方箋を渡してベンチに崩れるように座り出来上がりを待つ。

神経のダメージで、少しの風にあたっただけでも耳が切れそうに痛い
顔もひきつって、思うようにしゃべれない
足はしびれ、つりそうになってもつれる

もう7時。。。
家に着くのは9時過ぎだ


友人からのフラッシュバック対処法

それからフラッシュバックの件、いい方法があるよ
100から7を引き続けるというのはいかが?『100から7を引いて93。93から7を引いて86・・・』
という具合。
本当はおめめつぶって、楽しいことを考えるのがいいんだけど、
ちょっと無理な時は意外にいけるよ。もしまたフラッシュバックに苦しみそうな時は是非お試しを。

今度試してみようっと!
ありがとう

スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

抗がん剤 | 04:18:31 | トラックバック(0) | コメント(0)
私はどうやら蚊に好かれる体質らしい。

よっぽどいい匂いがするのか、はたまた臭いのか、おいしそうなのか。
私の近くにいると刺されないと言われることも。

仕事場で私より若くてムチムチ・ぴちぴちの女の子は全然刺されない

その子を通り越して私のとこまで飛んでこなくていいから^_^;


そういえば、おととしの夏、抗がん剤をはじめた瀕死の状態だったころ
そんな状態なのにまだ蚊に刺されてたなぁ

「ふふふ。お前も抗がん剤で苦しむがいい」
と思ったものだ


その後、蚊はどうなったのかな?









テーマ: - ジャンル:心と身体

抗がん剤 | 05:46:57 | トラックバック(0) | コメント(0)
抗がん剤後遺症
今日は風がとても強かったけど5km走れて爽快だった (^O^)
最近平日は3.5km、週末は5kmいけるようになった

仕事中は机に糊づけされていて、ほとんど歩かない
だから新鮮な血液がまわらなくて脳が壊死しちゃうんじゃないかって心配しちゃう^^
だから運動は必要
運動後は頭もスッキリ(*^^)v

しかしこう寒いと足も手も冷たくて、30分ぐらいのジョギングではたいして温まらない
それに走った後のお風呂につかると手足がジンジンして痛い^_^;

今日は走りながら去年の今頃、抗がん剤終了して始めて外を走ったときのことを考えていた
投与中は副作用で冷たい風があたるとのどがつまり呼吸ができなくなり
また皮膚の表面が痛かったから外を走るなんて全然できなかった
でも家で走れるようにトランポリンを買って、その上でジョギングをするように心がけた
ちっとも楽しくなかったけどね^^

軽い運動は副作用を軽減するとネットの記事で読んだし
普段から運動していたからやはり動かないと気持ちが悪いし
最低でも何か運動を続けたかった

抗がん剤の副作用の話はよく聞くけど、後遺症があるとは全然思いもしなかった

実はまだ抗がん剤が終わって1年以上もたつのに後遺症がまだある
神経へのダメージによる足の裏のしびれが残っていて感覚がない
気温が下がるとますますしびれる

でも今は投与中はのような痛みがないだけありがたい

このしびれはいつかなくなるのだろうか。。。






テーマ: - ジャンル:心と身体

抗がん剤 | 21:22:15 | トラックバック(0) | コメント(0)
去年と今年のお正月
年末年始1泊1日で実家に行って来た
大みそかの午後6時ごろ到着、元日午後6時ごろ実家を出て帰宅した


実家は自分の両親のところのはずなのに
なぜか私は気を遣ってしまうのでゆっくり・のんびりできない
だからこれぐらいでちょうどいい

妹の子供たちも見るたびに大きくなっている
一番上の男の子は私より背が高くなっていて、部活で鍛えた腕や足の筋肉自慢してるし
一番下の女の子は、恰好だけはAKB48のメンバーにすぐにでもなれそうだ^^
それでもまだまだ一緒にトランプをやろうとせがまれる

私の家にテレビがないので久しぶりにテレビを見た
しかも紅白
ネットで名前ぐらいは知っていたけど、
4割ぐらいは初めて見る歌手ばかりだったなぁ ^_^;

こんな平凡なのがウチのお正月

今回2013年のお正月は抗がん剤の副作用も抜け味覚も戻ったし、
痛みもないので、家族とおいしくお料理が食べられた
山盛りどんぶりご飯をかきこむ甥っ子たちには負けるけど (^_^)


思えば去年2012年のお正月はたいへんだった

全8クール中の最期の抗がん剤投与が2011年12月27日にあった
その後年内28日~31日は気持ち悪さとだるさでほとんど動けなかった
初回~7回までは仕事に行ってたはずなのに、休みだということで気が緩んだようだ
最期だけ完全に副作用に負けた。悔しいけど完敗だった

副作用による味覚の変化で何を食べてもまずく、
また冷たいものを口に入れると口内が痛いし、飲みこめば喉がしめつけられた

そんなんで2012年のお正月はおせちなんてまったく喉をとおらなかった


もう二度とそんな経験はしたくないし、手術も勘弁。
2011年の発見から癌歴はもう丸2年になる
もうそろそろケリつけたい


だから新年の抱負は完治

なんかできる気がする







テーマ: - ジャンル:心と身体

抗がん剤 | 19:37:11 | トラックバック(0) | コメント(0)
抗がん剤と手術とどっちが大変か
「手術と抗がん剤、どっちが大変だった?」


金曜日に抗がん剤のA先生に聞かれた。
「抗がん剤です」

「じゃ、手術すればいいんじゃないですか」
確かにそうですね、先生。


でも実は、両者の辛さは比較できないものだ


手術の大変さは
 ①2-3週間家をあけなければならない → くろちゃんがかわいそう
 ②手術前の検査から始まり、手術、入院最初の1週間までかなり大変
 ③手術中なにか不具合が起きればその場ですぐ死ぬかもしれないというリスク
 ④長期に仕事を休まなければならない


抗がん剤の大変さは
 ①3週間に1度の外来 → 仕事を休まなければならない
 ②抗がん剤の点滴を受けてから4日間ぐらいはほぼ何も食べられない
 ③吐き気・だるさ → 仕事をこなしたら家のことは全く何もできない
 ④手足のしびれ・痛み → 寒い時は家の中でも手袋が必要、顔も耳も痛い
 ⑤脱毛
 ⑥足の爪が痛く、靴がはけない → 去年アグブーツが流行っててよかった。
 ⑦手指が腫れて関節全てがあかぎれのように割れる
 ⑧冬の冷たい空気を吸う(呼吸する)と喉がつまって苦しい
 ⑨味覚障害(何を食べてもまずい)
⑩色素沈着 → 皮膚がどす黒く変色、見た目汚らしい
 ⑪免疫力が低下しているので、なま物(刺身・生卵など)・生野菜は禁止
 ⑫投薬期間は、いつまでという期限がない。体が受けつけなくなるまでずっと、エンドレス
 ⑬抗がん剤をしてもしなくてもどちらも再発率は50% → 辛さに耐えるモチベーションがない


とこんな具合だ
項目数の多さと期間の長さ、日常生活への影響度などを考えると
抗がん剤のほうが大変だったと感じる
⑩と⑪がネック 
がんばれば治る、とか、あと半年だからがんばろう、とか、がんばるためには何かごほうびが必要


ひとつ、重要なポイントがある

手術も抗がん剤も、実は完治を目的とした治療ではない。
悪化や再発をおくらせるための時間稼ぎでしかない

手術ではCTや目視で確認できるサイズに育ったものしか取れないし
抗がん剤で全がん細胞が死滅するわけではない


いつかは再発するのだ





テーマ: - ジャンル:心と身体

抗がん剤 | 09:35:28 | トラックバック(0) | コメント(0)
イリノテカン
イリノテカン = 抗がん剤の1種


去年まだ抗がん剤を受けていたころ、
効果が無いようなら、イリノテカンを使うと先生がちらっと言っていた

「イリノテカンを使うと髪は抜けます」
ひとごとだと思って、簡単に言うよねぇ~ 


去年の投薬中、髪は薄くなったが(もともとあまり多くないんだけど、さらに)
もちろん、とても気になっていたが、
カツラのお世話なるところまではいかなかった


今後抗がん剤をするか・しないかを検討する際に
一番考えなければならないことはもちろん副作用だ。


去年の抗がん剤のことは追々説明するとして、今回ネットでイリノテカンのことを調べてみた

死に至るような重大な副作用(アナフィラキシーショックや腸閉塞など)は
お医者さんが考えることなので私はその下のレベルの副作用を見てみた


どれどれ....

・黄疸
・嘔吐
・悪寒
・悪心
・かすみ目
・かゆみ
・肝機能障害
・関節痛
・顔面紅潮
・気管支炎
・狭心症発作
・胸痛
・急性腎不全
・クレアチニン上昇
・痙攣(けいれん)
・傾眠
・血圧低下
・血小板減少
・血小板増加
・血尿
・下痢
・倦怠感
・好中球減少
・高血圧
・口内炎
・興奮
・呼吸困難
・貧血
・重症感染症
・敗血症
・肺炎
・コリン作動性症候群
・色素沈着
・しびれ
・シャックリ
・上気道炎
・ショック
・食道炎
・食欲不振
・小腸炎
・心房細動
・蕁麻疹(じんましん)
・徐脈
・頭痛
・精神症状
・総タンパク減少
・体重減少
・帯状疱疹
・大腸炎
・脱水
・脱毛
・脱力感
・タンパク尿
・腸管運動亢進
・電解質異常
・動悸
・疼痛
・糖尿
・吐血
・尿ウロビリノゲン値異常
・尿酸値異常
・尿沈渣異常
・粘膜炎
・発汗
・発熱
・白血球減少
・白血球増加
・BUN上昇
・Pao2低下
・鼻炎
・ビリルビン上昇
・頻脈
・貧血
・不安感
・不穏
・腹水
・腹痛
・腹部膨満感
・浮腫
・乏尿
・発赤
・発疹
・味覚異常
・無力感
・めまい
・腰痛
・抑うつ状態


ながっ (^_^.)


ってか、これ以外に具合の悪くなることってないじゃん

え? しゃっくり?
副作用のリストに載るぐらいのしゃっくりって、いったい。。。


わろた





テーマ: - ジャンル:心と身体

抗がん剤 | 00:08:04 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。