■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
抗がん剤と放射線治療
サイバーナイフを再考しようと思ったタイミングで
「抗がん剤と放射線治療が癌細胞をより悪化させる」という情報にあたった

癌細胞イメージ


癌は先進国における第2位の死因なのにもかかわらず、癌の治療法と癌そのものの知識はまだまだわからないことばかりだ。
標準的な癌治療法は、そもそも基本的に癌が”敵” だと勘違いしているところから始まっている。例えば抗がん剤や放射線治療は、本質的に発がん性のある治療方法であるのに抗がん剤や放射線治療を行う唯一の理由は、正常な細胞より癌細胞に対して細胞内にあるDNAを傷つけることができる可能性があるからである。(実際には必ずしもそうではないが)
しかし現実は治療による”巻き添え“は避けられない。しかも”もし”ではなく、”必ず”副作用は起きる。それはまるで現代の戦争での攻撃開始の決定は、どれだけ一般の人たちの巻き添えが容認されるかによって行われるのと同じだ。つまり治療・環境汚染・食品添加物などの評価は、毒性の危険性によってされるのではなく、人々の”危険性の許容範囲(なんと矛盾した表現)”が最優先で考えられているのだ。
抗がん剤はWHO(世界保健機構)で発がん性物質に認定されている

(途中抗がん剤のことは和訳省略、すみません時間がなくて)

放射線治療は乳がん治療で、がん細胞を縮小させている間に、放射線に耐性がある悪性腫瘍を選び出してしまう可能性が30倍高い。もちろんこれは、抗がん剤によってがん細胞が自ら変化しているのだ。ちなみに、乳がん予防のために低用量の放射線が含まれているX線を使ったマンモグラフィーをで診断しているが、これがおそらく乳がんの原因となっているだろうと考えられている。
医療用専門誌に、低用量のイオン化放射線は高用量の放射線に比べて3-4倍発がんの可能性が高いと書かれているのを読んだら、みなさん驚くだろうか。事実、癌と関係があると言われている最もよく知られたBRCA1/BRCA2と呼ばれている遺伝子を持っている人は、放射線でより発がんしやすい。つまり、治療や診断で使われる医療用の放射線をしない、というのが癌にならない一番の方法、と言えるのだ。

* 私の下手な意訳ですみません
下記 "続きを読む >>" ページに英文原本添付

続きを読む >>
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

サイバーナイフ | 08:47:16 | トラックバック(0) | コメント(0)
サイバーナイフ 続編
9割型サイバーナイフを受けるつもりで病院に行って来た

私は今癌細胞が右に1こ、左に2個あるが
てっきり両方一緒に処置するのかと思っていたら違ってた!
右と左は別々の治療で、3カ月のインターバル

また治療後は肺に炎症が起きる可能性がある
「肺」の「炎症」だから「肺炎」と去年初めてサイバーナイフを聞きに行ったときに説明をうけた
時期的には治療後1カ月~9カ月の間のどこかで、特に6カ月後ぐらいに起きるらしい

その「肺炎」は実は「放射性肺炎」と呼ばれるもので

◆肺がん、縦隔腫瘍(じゅうかくしゅよう)、乳がん、食道がんなどの治療のために、胸部X線照射を行なうと、照射後6週から3か月して間質性肺炎(かんしつせいはいえん)がおこることがあります。これを放射線肺炎といいます。
症状は、せき、発熱、呼吸困難、頻呼吸(ひんこきゅう)です。胸部X線写真では、照射した部位に一致した、浸潤(しんじゅん)(組織がおかされたようす)の陰影がみられます。進行すると、組織に線維が増えてかたくなり、肺は縮小します。
診断は、X線照射治療の病歴、X線照射した部位の異常陰影から、容易にできます。
治療は、初期であればステロイド薬が効きます。
がんなどを根治する目的で大量に照射すれば、間質性肺炎が生じるのは避けられませんから、照射する部位を小さくするなどの配慮が行なわれています。
kotobank

で、治療後最低9カ月は旅行にも行けないことが判明!
旅行先で「肺炎」になってしまったら大変だからだ

しかも左右の治療に3カ月間をあけるので、約1年はカゴの鳥! 
そんなことしてる間に、次のが出てきちゃったらどうする?


もちろん治療費も別々に発生
金属マーカーの埋め込みが5~7万、保険適用(高額療養費)で12万ぐらいx2回
結局両方で30万ぐらいかかる

放射性肺炎を避けるために、照射部分を小さくできるようにと
ピンポイントで放射線を照射できるサイバーナイフ。
しかしながら誤射もあり、それが "2mm以下"とのこと。

ずいぶん正確に聞こえるけど、比較の問題であって
私の癌細胞は大きいもので10mm、小さいのが6mm程度。
6mmに対して2mmの誤射って、どうなの?

しかも、再発の場合せっかく照射して退治したようにみえても効果は6~7割程度
つまり、3~4割は効果がなく死に切れないヤツらがまた復活してくるのだ

サイバーナイフの治療が受けられるのは3つまで。
体が受けられる放射線の量で決まるらしい

私の場合は、3つあるので、もし今回サイバーナイフを受けて再発しても
もう二度とサイバーナイフはうけられないということだ


う~ん、どうしよう




テーマ: - ジャンル:心と身体

サイバーナイフ | 04:05:15 | トラックバック(0) | コメント(2)
サイバーナイフ Q&A
今日サイバーナイフの病院に行ってきた


前日に考えた質問をしたものも、しなかったものもあるけど
回答は大まかにこんな感じ


<痛みについて>
本当に痛くないんだって! すごいねっ!
痛くないのって、かなりポイント高い


<サイバーナイフのウリ>
・入院不要、通院4回(1回30分、週2回x2週間)
・最先端技術搭載のロボットアームが癌を追っかけられるため、ピンポイント照射可能
 (肺のように呼吸により癌細胞が動いても正常な細胞を傷つけることがない)
・痛みなし、保険適用、高額療養費対象
・施術当日・翌日すぐに日常生活にもどれる
・運動可
・特に何か気をつけなければならないことも何もない
・手術のように一気に体にダメージを与えるものでない


<施術前に必要なこと>
・3週間前に金属マーカー(1mmぐらいの金の粒)埋め込む
・MRIまたはPET検査
 つまり、すぐに予約を入れても1カ月先になる


<ダメージについて>
・放射線をあてるけど、1本1本の放射線の量は少なくしてあるので
 通り道の皮膚や筋肉・骨などの影響については問題ない
 (たとえばケロイドになる、骨が折れるなど)
 癌に対しての照射時はたくさんの本数をあてる
・2回サイバーナイフを受けることも可能(例えば再発して)


<死滅した癌細胞はどうなる?>
・数年のうちにリンパ球などに吸収されて消滅しなくなってしまう
・たとえば結核が完治してもレントゲンをとったら肺に白い影が映るように
 怪我した後のような影が残るかもしれないが別段問題ない


<サイバーナイフに向いている患者さん>
・手術ができない方(持病がある・体力がない・年齢など)
・痛みに対応できない方(極度の痛がりさん)
・家庭や仕事の事情で入院ができない方
 (家に介護が必要な方がいる、仕事に大きな穴をあけられないなど)
・QOL(Quality of Life =生活の質)を考え手術に苦しむ時間が惜しいと思う方


<肺癌の場合の効果>
・肺が原発(肺が一番最初に発症した)の癌ほうが
 転移(他の癌が肺に転移した)した癌より効果が高い
 (私は直腸が原発、肺は転移)
・約2割が再発、転移の場合はそれより更に1~2割下がる(つまり3~4割再発する)


<サイバーナイフができない方>
・癌細胞が4つ以上ある
・あちこちに転移している


<副作用の肺炎について>
・2カ月~6カ月後に肺炎になる
・放射線に対するアレルギー反応が強い方と弱い方がいて、
 弱い方はアレルギー性の肺炎になりやすい
 (アレルギーがあるかと聞かれ、花粉症程度と答えた。
  CT画像を見ても私は大丈夫そうとのこと)
・肺炎になると、咳が続く、血痰が出る、ひどくなれば肺の機能が働かなくなる
・発熱


<治療を受けたら>
・現在のがんセンター同様、3カ月に1度ぐらいの割合でフォローしていく
 その際、がんセンターとサイバーナイフの病院とデータを共有し(たぶんCD)両方にかかる


<先生のコメント>
・私がかかっている県立がんセンターのような病院の場合、手術の実績をあげ
 研究結果を出さなければならないので、手術をすすめる場合が多い
 → これについては、素人の私も薄々感じていた。
   県からの予算も確保しなければならないだろうし
   レジデント(研修医)の育成もして行かなければならないだろう
   また国立がんセンターや他の県立がんセンターとの提携や関連や研究もありそうだし
   個々の先生が好むと好まざるとある程度従わなければならない手順があるだろうと思っていた
・家庭や仕事の事情を排除して医学的な見解で言えば、私の場合は体力もあるし、
 持病もないので手術をお薦めする



そっか~
サイバーナイフの先生も手術をお薦めするのか。。。

こりゃ、そろそろ手術を受ける覚悟を決めないといかんかな

 




テーマ: - ジャンル:心と身体

サイバーナイフ | 23:24:15 | トラックバック(0) | コメント(0)
サイバーナイフの打ち合わせ下準備
明日サイバーナイフの先生と会うので知りたいことを整理してみた



(1)サイバーナイフについて

・いつから治療開始したか、その病院での治療開始時期
・施術した患者さんのその後
・治療実績
・患者さんのデータ(年齢・性別、母数も)
・患者さんのデータに偏りがあればその理由
・サイバーナイフの問題点をあげるとしたら
・治療当日仕事/通常の生活ができるか
・2-3日後、1週間後、1カ月後予測できること
・治療後気をつけなければならないこと


(2)ダメージについて

・通常の放射線治療との違い (ピンポイントでできる?)
・副作用 (ほとんど無い、と言っているが)
・肺炎について
・今後気をつけなければならないこと
・後遺症 (短期・中長期)


(3)これはとお薦めできるポイント

・入院不要、痛みなし、30分x4日でOK 以外のウリは?


(4)放射線治療について

・1回/4回分の照射量とその量は体に対してどういう量なのか
・一般の細胞にあたった場合、どうなるのか
・表面の皮膚や通過する筋肉などにどのような影響があるのか
・死滅した細胞はどうなる?
・今回放射線治療を受けても、また次に受けることができるのか


(5)私(の癌治療)について

・癌センターからもらってきたデータをみて、どう思うか
・肺の執刀医の先生は、なぜ放射線をすすめなかったのだろうか
・先生の所見と治療計画

ところで先生、ぶっちゃけ治りますか?





テーマ: - ジャンル:心と身体

サイバーナイフ | 11:55:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
サイバーナイフ
サイバーナイフを検討しようと思う


サイバーナイフとは
コンピュータ制御のロボットアームに、
軽量で高線量照射が可能な放射線照射装置を装着した定位放射線治療装置。

定位放射線治療は、高線量の放射線ビームを正確に病巣に照射し、
周囲の正常細胞を温存したまま体内の腫瘍細胞を破壊する治療法で、
従来の外科治療と異なり、全身麻酔、切開・剥離・摘出などの手術操作、
長期の回復時間などは一切不要です。

日本赤十字社医療センター WebSite より

サイバーナイフ


10月1日に胸部外科のA先生と会った時、
「手術をおすすめします。それも早い方がいい」と言われた

その時点では10月24日が最短の手術日だった
だけど、その時即答しなかった
仕事の事もあるし、少し考えたかったから

その後抗がん剤の先生にも会い、再度A先生とも相談し、手術を受けることを決めた
手術日は11月の中旬。
少しでも早い方がいいと言われたのに、最短と言われた日より3週間遅れたことに
両親は後悔していた。
「あのとき、予約すればよかったね」
たしかに6月から9月の3カ月に何もなかったところに1cmの癌が再発したんだからね。


物事何でも何か理由がある。 と私は思っている。

先週金曜日に手術を決めてからこの1週間に
なぜか以前メールで問い合わせたこともあるサイバーナイフのことを思い出した


入院不要・痛みなし・副作用ほとんどなし。
服を着たまま1回30分の照射を4回。
費用は保険適用3割負担で18万円程度。
高額療養費対象になるので、キャッシュバック(笑)あり
(2008年までは脳腫瘍のみ保険適用だったが、今は体幹部(肺や肝臓)も可)


そんないい話ってどうなのよ? 何か裏にあるんじゃないの?
って思い、今度は電話で問い合わせてみた

「腫瘍の大きさが5cm以下でかつ3つ以下ならできます」

へ~ じゃ、私はOKね。1cmぐらいで1個だから。
で、副作用はどうなの?

「1カ月後、軽度~重度の肺炎になります」

ずいぶん淡々と言うのねぇ ^^
風邪が悪化した肺炎とは違うらしい。
"肺" が "炎症" を起こすのだろう

とにかく詳細を聞いてみようと思った

「現在かかっている先生の紹介状とデータを持ってきてください」

さっそく今の病院に電話し手配した。
23日火曜日に取りに行って、サイバーナイフの病院は25日木曜日に予約がとれた


いいことづくめで "まゆつば" ものだけど、
まぁ、セカンドオピニオンとして話を聞いても損はないだろう


それで納得しなかったら予定通り手術を受ければいいのだから


今回の手術日が11月になったのは、
サイバーナイフをチェックするという理由があったのかもしれない








テーマ: - ジャンル:心と身体

サイバーナイフ | 11:18:15 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。