■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
サイバーナイフ vs RFA vs 手術
今後の治療方法について、30日(金)に最終決定した

まず、それぞれについて

サイバーナイフ
<いい点>
* 保険適用
* 痛くない
* 入院不要
* 直径1cmの癌細胞の場合、直径2cm程度の照射ですむ
* 切り開く手術に比べて体へのダメージが少ない
<悪い点>
* 肺なので呼吸時に動くから放射線照射時に正確性が下がる

RFA(ラジオ波焼灼)
<いい点>
* 切り開く手術に比べて体へのダメージが少ない
* 針を刺してしまえば、呼吸時に肺が動いても針も刺さったまま一緒に動くので
 癌細胞を狙って焼くことができる
* 直径1cm程度の癌細胞の場合、直径2cm程度焼くだけで済む
* 病院が築地(国立がん研究センター)なので、都内のホテル気分で入院できる^^
<悪い点>
* 保険がきかない(40万円x2回(両肺)は最低)
* 保険がきかない=治療効果の実績がでていない(肺について)
* 何か問題があって入院が長引けばそれだけ治療費はかさむ
* 入院が必要
* 部分麻酔で肋間神経に近いところは痛くて熱いらしい(涙)

手術
<いい点>
* 目視で癌細胞を確認できるので、確実に癌細胞をとってこれる
* CTはあくまでも外からの情報。あけてみて発見されるものもある
* 保険適用
<悪い点>
* 体へのダメージが多い
* 今回右肺中葉部摘出になる可能性が高い
* 両肺同時手術の場合、術後かなり苦しい(涙)
* 2週間程度の入院必要(病院の空調が合わず、寝られない)
* 走れるようになるまでにはかなり時間がかかる


と、プラス・マイナス面も考えてサイバーナイフを受けることにしました

担当のY先生は、私が交通面で行けるサイバーナイフの病院3か所全てに
自ら電話して確認してくれたり、
「僕は、金曜日はいつもここにいるので何かあったらすぐに連絡してください」と。
胸キュン!ハートマークだわ❤





スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

治療方法 | 05:24:43 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。