■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「癌」 と 「がん」
先日会社の健康診断を受けに行ったとき
待ち会い時間に読んだ本はがんに関するものだった

最初の数ページしか読む時間がなかったけど、ひとつ新たな発見があった

それは「がん」と「癌」の表記の違いについての説明だった

以下はネットから

「がん」はいわゆる悪性新生物全体を示します。
それに対して「癌」は上皮細胞が悪性化したものを示します。
扁平上皮癌等がその代表です。

「がん」ではあっても「癌」ではないものは、肉腫、白血病、リンパ腫などがあり、
これらは上皮細胞でないものが悪性化したものです。
ですから「国立がんセンター」がありますが、
これは「がん」となっているのは、「癌」だけでなく、肉腫、白血病、リンパ腫も対象にします。

ちなみに「ガン」は「がん」と同義語と解釈します。


「癌」は「がん」に含まれている言葉だったなんて、全然知らなかった。
単にひらがなの方が平易で読みやすいとか、その程度だと思っていたんだけど。


更に「扁平上皮」とは、体の表面を覆っている平たい形をした細胞組織のことだそう
口や喉の内部、食道の内側、子宮頸部(入り口の部分)、腟、肺などに発生するのが扁平上皮癌。

それに対して「腺がん」は胃や腸、子宮体部、肺、乳房、卵巣、前立腺、肝臓、すい臓、
胆のうなどに発生するもの

がんサポートセンター


腸の表皮というは「体の表面」になるわけだ。
確かに口からお尻まで筒状になっているわけだから、体の表面ということなんだね。


いやぁ、色々と勉強になります。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

情報 | 10:20:49 | トラックバック(0) | コメント(0)
オーバーヒート
最近本当に忙しくて、ブログの更新もままならない。


私は頭痛持ちだ
原因に心当たりがある場合とそうでない場合は半分ずつ

実はおおよそ自分では原因がわかっている
軽自動車で高速をぶっとばしてるからオーバーヒート状態の私。
他のひとはみんなクラウンやらベンツやらで余裕で快適な走り。
東京-大阪間ぐらいでも走ればそりゃ、頭も痛くなるでしょ^^


以前頭痛外来にかかったことがあったが
首と肩のこりが原因で血流が悪くなるからだと言われ
おばあさんたちがよく整骨院でやっているように
通院して首と肩を温めように言われた

もちろん、そんな時間はないので一度も行かなかった


この前癌センターで次回のCT予約をしているときにふと気づいた
体幹部(首から足の付け根まで)のCTをとるんだから
ついでに頭のCTも撮ってもらえないだろうかと聞いてみた

担当部署に先生が確認してくれて、一緒に撮影できることがわかった
今度2月1日(金)のCTの時に行われる

でもちょっと後悔

もし脳に腫瘍ができてるとか、血管つまりそうとか
そんなこと言われたらそれはそれで気になるなぁ、と
わからないほうがいい、ってことは世の中たくさんあるもんだ

よく言われている「病院に行くと病気になる」って法則


昨日からまた頭痛
金曜日のCT、ドキドキだなぁ。。。




関連記事

テーマ: - ジャンル:心と身体

検査 | 01:09:27 | トラックバック(0) | コメント(0)
ショックだったこと
今週はとても忙しかったのでBlogの更新ができなかった


昨日とてもショックだったことがあった
以前職場の方で私より一回りぐらい上のとても笑顔が素敵な女性、Oさんがいた

彼女は仕事もベテランであこがれの方だった
またOさんは社交ダンスもされていて、ちょうど私が社交ダンスを始めたころ
色々アドバイスをしてくれた


2年ほど前、一身上の都合で退職させてほしい、と詳しい事情もなく職場を去った
その後まもなく風のたよりで闘病生活を送っていると聞いた


その彼女が今年癌でお亡くなりになったそうだ

癌だったことも知らなかったし
退職される直前まで癌を発病されていたなんて全然思えなかった

実際いつ発症されたか詳細もわからないし、どの部位の癌かもわからない

でも2年なんてあまりにも早すぎる


身近な方の話は身に迫る感じだ
自分もあと2年後、どうなっているかわからないんだなぁと実感した





関連記事

テーマ: - ジャンル:心と身体

癌について思うこと | 23:07:58 | トラックバック(0) | コメント(2)
余命2年
昨日の書類、先生と話し合ってお互いに納得したものができあがった

朝早く出向いた甲斐があった(^O^)


結局日付の件は、先生のご厚意だったことがわかった
最初からあるのにずっとそのままだ、と書けば
成長がものすごく遅いものだとわかるからそのほうがいいと判断したそうだ

今回確かに2011年の10月に発見されたものだが
それより古いデータをさかのぼって、ここにあるはずだ、という目で見ると
実際には一番最初の手術前検査の時にもあった、ということになるからとのこと

つまり実は最初(2011年3月)からそれは存在していたが
そのときのCTのデータで確認することができないほど小さかったので
先生も発見することができなかった
それが成長し10月のCTにひっかかった、というわけだ

最終的に日付は2011年の10月にしたが、最初からあったと書いても
どちらでもよかったことだった


いずれにしても 「その影は癌ではないと2012年11月の再発摘出手術時に
確認されたのでそのままにされた」
この部分は間違いないことが改めて確認できてよかった


ところで昨日のその書類の中で予後について記入する欄がある
そこには、「まだ手術や抗がん剤など打つ手はあるので
今現在予後について言明することはできない」と簡潔にしてもらった


実は訂正前の予後欄の最期に「約2年」と書かれていたが削除してもらった
その意味がよくわからなかったので聞いたところ
今後例えば複数の癌細胞ができちゃって、手術ができないということになったら
(つまり、取っても取っても出てくる可能性があるので手術をしない)
抗がん剤を使用することになる
もし抗がん剤を使う状況になったら、余命は「約2年」だそうだ

その瞬間ピリっと緊張が走り、全身の筋肉が収縮したのがわかった


そっかぁ。。。 2年かぁ


そうならない、と絶対に言えないし
絶対2年とも言えないだろうな

あと余命2年ですと言われたらへこむよなぁ、たぶん。
いやいや、そうじゃなくて、余命2年と言われるより
延命させるためだけの抗がん剤を受けることのほうがへこむ。

同じような状況で、抗がん剤の苦しみに耐えながらがんばって生きてる方たち、
本当に尊敬します


あ、でも、前回余命半年とすでに言われたことがあるから
4倍長生きできるってこと? ^_^;







関連記事

テーマ: - ジャンル:心と身体

癌について思うこと | 20:35:40 | トラックバック(0) | コメント(0)
大事な書類
ある書類のためにお医者さんが書いた詳細な診断書が必要になった

急ぎの書類のため、先生が忙しいのを承知で大至急で作成を依頼した


傷病休暇や高額療養費などの簡単な書類でさえ最低2週間かかるというところを
手の込んだ書類なのに無理言って2週間で作成してくれた

書類作成依頼を受け付けでしてから12月14日にCTの結果を聞く機会に
直接先生にお礼を伝えたところ
「こういうのは僕らの仕事のひとつですから、気にしないで頼んでください」
「でもすみません、もう少し時間をください」
と、あたたかい返事ももらっていて、本当にありがたかった


そろそろ依頼してから2週間たとうとするころ
毎日出来上がったかどうか確認の電話をし、ようやく完了の返事をもらった
病院まで私のところから片道2時間ちょっとかかるので
妹がかわりに取りに行ってくれて速達で郵送手配をしてくれた


28日に届いた時、ラブレターでも待っていたかのようにポストに飛んでった
「何が書いてあるのかなぁ~」とちょっとワクワク

ところが読んでみてびっくり!
内容に間違いがあったのを発見したのだ
2011年の10月抗がん剤治療途中に見つかった5mmの肺にある影が
手術(2011年5月)前からあった、と書かれている

先生も忙しいとはいえ、大事な書類を書く際にはちゃんと患者ファイルを確認してほしい

前回サイバーナイフの病院に行った際、紹介状を作成してもらったが
その紹介状は内容は私についてだが、サイバーナイフの病院の先生宛だったので
私本人は開封してはいけないと言われた

なんだかその紹介状の内容も間違いがあったのではなかったのだろうかと
心配になった (こちらは旧担当の先生が作成してくださったものだが)

サイバーナイフは私が直接先生にその効果や副作用・後遺症を聞くために行ったので
先生からの紹介状の内容(私の病気の詳細)に多少不備があったところで
問題はなかったけど、これがたとえば他の病院に転院になり、
そこで手術やら他の処置をすることになる、などの場合考えただけでも恐ろしい


その間違った書類は年内最終日の28日にこちらに届いたので、
急遽病院に電話をし訂正依頼をしたが
受付の事務担当者から外来看護師さん、病棟の看護師さんとたらいまわしで
しかも都度事情を説明しなければならずものすごい時間がかかった

最終的には先生から電話がかかってきたので訂正してもらえるように依頼した
先生は謝りながらすぐに訂正版を作成しその日中に郵送すると言ってくれた

とりあえず安心した


そしてやっと年末31日の大みそかの日のお昼頃その訂正版が届いた

どれどれ
ちゃんと直っているかな?
どひゃ~!
また間違ってるぅ~!!!

だからその5mmの影は2011年の10月に発見されたって先生と電話で確認したのに
訂正版に書かれていたのは2012年の9月に発見されただって! 
なんだって~!
それは11月に切除した再発した1cmの癌細胞だよ~

しかもご丁寧に"手術前に発見された"のくだりが他の部分にも書かれていたのだ


ちょっと、ちょっと~!
先生、頼みますよ~ 

前の先生から今のY先生にかわってもらえて喜んでいたのに
ポイントさげるよっ! 


なので、今日朝一番で私が病院に出向いて直談判してきます
もちろん予約がないのでいつ先生に会えるかわからないけど
とにかく急ぎの書類なので一刻も早く再修正してもらわないとならないので


今日から仕事なので終わり次第仕事に向かいます!

では行ってきま~す!




関連記事

テーマ: - ジャンル:心と身体

県立がんセンター | 05:01:05 | トラックバック(0) | コメント(0)
走りぞめ
昨日正月2日に5km走りぞめをした

走ったり体を動かすことは私には特別なことではないので
正月2日からもう走ってる、という気持ちは全然ない

元旦も自宅にいたら普通に走ってたと思う^^


昨日が11月の手術後で一番よく走れた
だんだん良くなってくるのがわかるのがうれしい (^O^)
あとどのくらいで元通りになれるかなぁ

以前ほどまだ走れないのは、まだ体力が回復していないのか
入院・手術で運動していなかったから単に体がなまっているだけなのか
摘出された右肺の区域6分が走るのに足りないことが影響しているのか
そのうちわかるだろう。

暖かくなるころにはもう少し楽に走れるようになるといいな


新年の抱負というほどでもないけどひとつだけ新しいことを始めた
腹筋強化のため朝目が覚めたらベッドの中で少し腹筋をすることにした
起きてしまったら改めて床に寝て腹筋運動する時間を見つけるのが難しいから
スポーツクラブでエアロをやっていたころは、時間調整で筋トレしていたけど
最近おろそかになっている ^_^;


男性はマッチョになりたがって筋トレするけど
実は女性は筋肉が弱いので実は男性より筋トレする必要があるそう
どんなにスリムな方でも最低45kgくらいはあるのだから
それだけの重さのものを動かすための筋肉は整えておかないと

立ち居振る舞いでその人の年齢が出る
さっと体が動かないでもっさりしているとやっぱり年寄りくさくなる
「よいしょ」とか声かけないと自分の体が動かないのはちょっとね

それに何か動こうと思ったときに体がついてこないとやる気半減しちゃう

何をするにも体が基本だからね


とかいってた割に癌になんてなっちゃって、えらそうなこと言えないけど^^




関連記事

テーマ: - ジャンル:心と身体

楽しいこと | 09:25:03 | トラックバック(0) | コメント(0)
去年と今年のお正月
年末年始1泊1日で実家に行って来た
大みそかの午後6時ごろ到着、元日午後6時ごろ実家を出て帰宅した


実家は自分の両親のところのはずなのに
なぜか私は気を遣ってしまうのでゆっくり・のんびりできない
だからこれぐらいでちょうどいい

妹の子供たちも見るたびに大きくなっている
一番上の男の子は私より背が高くなっていて、部活で鍛えた腕や足の筋肉自慢してるし
一番下の女の子は、恰好だけはAKB48のメンバーにすぐにでもなれそうだ^^
それでもまだまだ一緒にトランプをやろうとせがまれる

私の家にテレビがないので久しぶりにテレビを見た
しかも紅白
ネットで名前ぐらいは知っていたけど、
4割ぐらいは初めて見る歌手ばかりだったなぁ ^_^;

こんな平凡なのがウチのお正月

今回2013年のお正月は抗がん剤の副作用も抜け味覚も戻ったし、
痛みもないので、家族とおいしくお料理が食べられた
山盛りどんぶりご飯をかきこむ甥っ子たちには負けるけど (^_^)


思えば去年2012年のお正月はたいへんだった

全8クール中の最期の抗がん剤投与が2011年12月27日にあった
その後年内28日~31日は気持ち悪さとだるさでほとんど動けなかった
初回~7回までは仕事に行ってたはずなのに、休みだということで気が緩んだようだ
最期だけ完全に副作用に負けた。悔しいけど完敗だった

副作用による味覚の変化で何を食べてもまずく、
また冷たいものを口に入れると口内が痛いし、飲みこめば喉がしめつけられた

そんなんで2012年のお正月はおせちなんてまったく喉をとおらなかった


もう二度とそんな経験はしたくないし、手術も勘弁。
2011年の発見から癌歴はもう丸2年になる
もうそろそろケリつけたい


だから新年の抱負は完治

なんかできる気がする







関連記事

テーマ: - ジャンル:心と身体

抗がん剤 | 19:37:11 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。