■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「癌」とうい漢字
漢字には、こんなに深い意味が・・・。


漢字


★「大丈夫」という字をよくみてください。

「大」「丈」「夫」それぞれ「人」という字が入っています。
あなたに何かあったとき、周りの人は必ずあなたを支えてくれます。
どんなときも、あなたの味方は三人いるんです。

 
★「始まる」って文字を見て下さい。

「女」が「土台」って書くんです。
女性が笑顔でいることから始まります。
だから「嬉しい」って「女」が「喜」って書くんです。

女性が笑顔でいるところに、嬉しいことはやってきます。

 
★「決断」とは、「決めて」「断つこと」。

何かを決めるときには、ひとつ何かを断ち切る。
すると新しいものが手に入ります。

「大切」って「切る」って字が入っています。
執着を「切ったとき」に、「大きなもの」が手に入るんです。

 
★「癌」とうい字は「三つの口の山の病」と書きます。

それは、「食べすぎ、飲みすぎ、吸いすぎ」です。


 
★「光る言葉」と書いて、「誉める」。

誉めてあげると、相手は最高の笑顔で輝きます。

 
★「吐く」という字は 「口」に「±(プラスマイナス)」って書きます。

もしもマイナスの言葉を控えたら…?
「叶い」ます。

 
★「命」=「人」+「一」+「叩」、
 「人は一度叩かれる」と書いて「命」。

誰だって、一度は人生で本当に辛いことがある。
そこを乗り越えるために生まれてきた。

そして心臓は「ドックン、ドックン」と「人」を「一生」「叩いて」くれています。

-ひすいこたろう-
Facebookより


関連記事
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

元気がでることば | 04:07:49 | トラックバック(0) | コメント(0)
☆幸せに生きるためにやめるべき30の項目☆  
☆幸せに生きるためにやめるべき30の項目☆    


1.自分にふさわしくない人たちと過ごすのをやめなさい。

2.自分の問題から逃げるのをやめなさい。

3.自分に嘘をつくのをやめなさい。

4.自分にとって大事な事を後回しにするのをやめなさい。

5.自分以外の誰かになろうとするのをやめなさい。

6,過去にしがみつくのをやめなさい。

7.ミスをするのを恐れることをやめなさい。 

8.過去の間違いについて自分を非難するのをやめなさい。

9.幸福をお金で手に入れようとするのをやめなさい。

10.自分が幸せになるためだけに誰かを求めるのをやめなさい。

11.意味もなく怠けるのをやめなさい。

12.まだ準備ができていないと考えるのをやめなさい。

13.不適切な動機で人と関わるのをやめなさい。

14.過去にうまくいかなかったからという理由で新しい人間関係を拒絶するのをやめなさい。

15.他人と競争するのをやめなさい。

16.誰かに嫉妬するのをやめなさい。

17.泣き言を言ったりいじけるのをやめなさい。

18.根に持つのをやめなさい。

19.自分より低い誰かのレベルに合わせるのをやめなさい。

20.誰かに自分のことを説明して時間を浪費するのをやめなさい。

21.休憩なしで同じ事を何度もするのをやめなさい。

22.なにげないひとときの美しさを見落とすのをやめなさい。

23.完璧にやろうとするのをやめなさい。

24.安易な道を選ぶのをやめなさい。

25.物事がうまくいっていないときに問題ないふりをするのをやめなさい。

26.自分の苦しみを誰かのせいにするのをやめなさい。

27.八方美人になるのをやめなさい。

28.心配しすぎるのをやめなさい。

29.起きて欲しくないことに焦点を合わせるのをやめなさい。
  (起きて欲しいことに集中しなさい)

30.感謝の念を抱かない生き方をやめなさい。



ー 千田 琢哉 ー

Facebookより


急いでいろいろやらなくちゃ!^^


関連記事

テーマ: - ジャンル:心と身体

元気がでることば | 04:18:09 | トラックバック(0) | コメント(0)
くろちゃん
くろちゃん

11年前、野良ネコちゃんで、ウチのわんこのチョビちゃんのご飯を盗み食いに来てたね。
そしてチョビちゃんが16歳半で死んじゃった後、ウチの子になったんだよね。

チョビちゃんが死んじゃって、とても辛かった気持ちを救ってくれたくろちゃん

女の子だから、誕生日を3月3日にしたんだよね。
だからもうすぐ11歳。

先のことを考えるのは辛いけど、私のほうがくろちゃんより先に逝くかもと思っていた
それがいつもいつも一番心配だった

癌は一気に病気が進行するから、動けるうちに身辺整理をしておくように、と何かで読んだ


そしてそれを昨日ひとつ実現した。
私のとても大切な人にくろちゃんをお願いすることができた


何も事情を知らないくろちゃんを、車に乗せて引っ越しするのは心が張り裂けそうだった
到着しても家具の下に入りこんで4時間も出てこなかった。
時間をかけてじっくりと待っていた

今度は持って行ったくろちゃんのおこた(猫用)に隠れるように入ったまま出てこない。

更に2時間経過。
おこたなら暖かいから少し安心


お水も飲まない。もちろん食べるものは全然。


昨日の夜はくろちゃんのことを思って一睡もできなかった
朝起きたら死んじゃってるんじゃないかとか、最悪のことばかり。

しかも地震が大嫌いなくろちゃんなのに、よりによって引っ越しした晩に地震があって
心が押しつぶされそうだった。

今朝もう一度メールをしてみた

夜少し探検していたようだよ、と。
少し安心した

お昼過ぎには、やっとお水を飲んだとのメール。
少しずつ、少しずつ慣れてきているようだ


今日もう一度夕方寄ってみた
床暖房のじゅうたんの上に連れてきて、ブラッシングしたらおなかを出していた
うん、いい感じ。

帰ってきたら、さっきオシッコしたよ、とメールがあった。

よかった~!



一番大切で一番気がかりだったので、本当に安心しました。

ありがとうございます。

くろちゃん、元気でね。
入院中心配させてごめんね。

私もがんばるね。









関連記事

テーマ: - ジャンル:心と身体

くろちゃん | 04:55:08 | トラックバック(0) | コメント(4)
不幸のループ
不幸のループ


《不幸のループ》

【タンポポは思った】
「私は地べたを這ってばかりいてつまらない。
桜みたいにあんな高い所で咲きたいわ」

【桜は思った】
「なんでこんな高いところで咲いて、
咲いたと思ったらすぐに散らなきゃならないのかしら
私はバラになりたいわ、
だって高価で売られるんだもの」

【バラは思った】
「こんな冷たいガラスケースに入れられて
自由に咲きたい時に咲くこともできなんて・・・
それにこのトゲ もうイヤー
自由にタンポポのように咲きたい」

ハマっちゃいけない「不幸のループ」

-----------------------------------------------------
あなたは人がうらやむくらい輝いています。
まったく違う世界に憧れるよりも
今のあなたをさらに輝かせる方が簡単だよ。
だから、まだまだあなたは幸せになれるはず♪
だってあなたはあなたを数十年育てたプロだもの。

Facebookより


早く桜がさく季節になるといいですね!


関連記事

テーマ: - ジャンル:心と身体

元気がでることば | 04:07:52 | トラックバック(0) | コメント(0)
『とてもよくない食品 白砂糖』
『とてもよくない食品 白砂糖』

* * * * * * * * * * * *

料理にも飲み物にも、当たり前のように使われている白砂糖。

実は体にとっては、とてもよくない食品だということを知っていますか?

■白砂糖は、人間の身も心も蝕む恐ろしい食品です。

白砂糖は人体に必要な栄養素を奪ってしまいます。
砂糖は「白いドラッグ」と呼ばれるほど中毒性があります。
白砂糖を摂りすぎると、体内のカルシウムは失われていきます。
白砂糖には、ヴィタミンやミネラルが含まれていません。
糖類は、体内で分解される時にヴィタミンB1が必要となり、
そのため、ヴィタミンBの摂取量が少ないと欠乏症を起こし、
鬱、疲労、眩暈、貧血、頭痛、浮腫、湿疹、脂肪肝、心疾患、呼吸器病、
記憶障害といった様々な症状を招いてしまいます。

■白砂糖はガンにとって格好のエサとなります

アトピー性皮膚炎・動脈硬化・近視なども砂糖の摂取が大きな原因となっています。

■白砂糖は人の心も蝕みます。

イギリスのジョン・ワトキンス博士は、この世から白砂糖をなくしたら
精神病はすべてなくなると断言しています。

私が相談を受けた『欝』の方は、決まって『甘いもの依存』でした。
アイスクリーム、種々のケーキ、精製シリアル、ボンボン、ミルクセーキ、ミルクチョコレート、
白パン等を大量に摂取していた悪童にそれらの砂糖を含んだものは一切食べさせず、
野菜と黒パンを主とし、肉類も控えさせた。
一週間で「悪童マイケル」は、よい子になってしまった。
子供の、甘いものの大量摂取は、キレやすい性格をつくります。

■でも甘いものはやめられない・・・!
どうすればいい?

甘味料を利用する場合は蜂蜜、黒砂糖、甜菜糖、玄米水飴、メープル・シロップ、
アガヴェ・シロップを少量使うようにしましょう。

沖縄県には「黒砂糖は命を延ばすが、白砂糖は命を縮める」という古くからの言い伝えがあります。
黒砂糖は、サトウキビの絞り汁を煮詰めて出てきた糖を固めて作られた弱アルカリ性の食品です。
その上、ヴィタミンB1、B2、鉄、亜鉛、カルシウム、カリウムなどが豊富に含まれています。
黒砂糖の中には血清コレステロールや中性脂肪を低下させる成分が含まれています。


Facebookより

関連記事

テーマ: - ジャンル:心と身体

情報 | 04:04:59 | トラックバック(0) | コメント(2)
雪かき
8日(土)は予報通りえらいたくさん雪が降った

大雪なんて、どうせ当たらないだろう、とタカをくくっていた
ところがびっくり、30cm近く積もった

朝から晩まで降っていたので、日曜日の朝雪かきすればいいや、と思って
家の中でぬくぬくと過ごしてた

ときどき雪かきの音がしたが、きっとご自分の家の周りを片づけているんだろう、と思っていた

ところがちょっと玄関の小窓からのぞくと、お隣の奥さんと娘さんが私の所までしてくださっていた


え~!!!
大慌てで支度して外に出てった

「すみませーん! 雪がやまないから朝までほっとこうと思っていて。。。」
「いいのよ~、あなたは体調がよくないんだから、家の中にいてね」

(いやいやそんなことは絶対できないですよ)

「大丈夫でーす!今までの分挽回しますね~!」

と、スコップを持って雪かきを始めた。

もう手術から2カ月、まだ傷の部分を引き延ばすとピリピリとつれてちょっと痛むが
最近では週末5kg走れるようになったし、雪かきするには問題ない

でも、終わった後はすっかり全身筋肉痛だ ^_^;







関連記事

テーマ: - ジャンル:心と身体

元気がでることば | 20:53:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
Be Kind
be kind

あなたが出逢う全ての人は、何かと闘っている
あなたは知る由もないが。
だから優しくしよう。
どんなときも。
(プラトンのことば)

facebook

関連記事

テーマ: - ジャンル:心と身体

元気がでることば | 11:15:10 | トラックバック(0) | コメント(0)
医師302名に聞きました!
「あなたが患者として手術を受けるとき、医師に謝礼を渡しますか?」
※医師302名にアンケート調査

日本では、手術の際に患者さんが医師に対して謝礼を渡すことがあります。
ところがこの謝礼、はっきりしたルールがあるわけでもないですし、
そもそも謝礼を渡すべきなのかもよくわかりませんよね。
そこで医師に相談できるQ&Aサイト「AskDoctors」では医師に対してアンケートを実施しました。


医師302名にアンケート調査

アンケートの結果は、「謝礼を渡す」「渡さない」と答えた医師が半々でした。
「原則として謝礼は払わない」といった意見が多い一方で、「自分の出身大学の医師など
関係あれば渡すかもしれない」といった、これまでの慣習を意識した声も。
この謝礼というシステムは、日本ではまだまだ複雑な問題なのかもしれません。

また、医師から多く寄せられたのが「お金の謝礼は不要だが、お金以外の形で感謝の気持ちを
伝えられるとうれしい」という意見です。例えば(高価なものではない)お菓子を差し入れる、
手紙を書く、といったものです。中には「4月に桜の花びら数片の入ったお手紙を頂いた時は
とても感動しました」といった、なんだか心温める声も聞かれました。

もし、あなたが、手術を受けた際は、お金にこだわらず感謝の気持ちをお医者さんに
伝えてみてはいかがでしょうか。

Ask Doctors

関連記事

テーマ: - ジャンル:心と身体

情報 | 04:07:40 | トラックバック(0) | コメント(0)
たった3年で人生変わる
ある時ふと目にしたり、耳にしたりした言葉が心に響くことがある


今日電車に乗っていたら、
「Message from 1D~たった3年で人生は変わる。~」(ドコモの宣伝)
という言葉とともに、One Direction の写真があった

彼らは3年前普通の10代の男の子だったのが、たった3年で世界的なアイドルとなった

考えてみたら、私も2011年3月の癌宣告からちょうど3年。
確かに人生変わったよ^^
まぁ、彼らの変化とベクトルの向きがだいぶ違うけど。


自分一人が悲劇のヒロインのつもりはないけど、
苦痛も痛みも大変さも味わった

手術が終わって1カ月後のCTでまた再発があって、心が折れそうになったり
抗がん剤治療中は。。。 言葉では表現できないほど。
常にいつ再発するか、余命はあとどのくらい、に怯えたり


だけど。。。

入院中のお見舞いから、通院時の駅までのお迎えや先生との面会のつきそいまでの
家族の惜しみないサポート

「何をしてあげたらいいのか」という気持ちにさせてしまったのに
いつも私を包み込んでくれる友人たちの暖かい気持ち

あまりにも健康過ぎて気がつかなかったご病気を抱えている方の気持ち

休んで迷惑かけても文句ひとつ言わずにおかえり、と言ってくれる職場の仲間たち

何かあったらいつでも言ってね、といってくれるご近所の方々

まるで実の娘のように電話やメールをくれたり、食事に誘ってくれる70代、80代の
素敵な女友達

「自分だけが大変だと思っているのか」と厳しいお叱りの言葉もときどき。

お会いしたこともないのに、ご親切にブログにコメントを残してはげましてくださる方たち



みなさんのすべてが私を支えてくれています。
しっかりしなくちゃ!

せっかく応援してくれているんだから、おざなりに生きてちゃだめなんだ。



この3年間で、「あたりまえ」ということはないんだと気づかせていだだきました

ひとつひとつ、かけがえのない、大切なこと。


ありがとうございます。






関連記事

テーマ: - ジャンル:心と身体

癌について思うこと | 03:41:42 | トラックバック(0) | コメント(2)
CTの結果(1月21日分)
31日(金)にCTの結果を聞きに行って来た

検査結果を聞く時はいつでも緊張する
寿命が1年ぐらい縮まる思いだ

その気持ちを振り払うように大きな笑顔であいさつする
「先生、こんにちは!よろしくお願いします」

先生が座っているデスクの横に座って、
膝の上に手を置くが、自然と握りこぶしになって力が入る

Y先生が机のモニターを見ながら口を開く

「今のところ、再発・転移はないですね」
「ほんと?わぁ!うれしい!」

「でも、"今のところ"ですから」と先生は強調する

"今のところ"だろうと、"とりあえず"だろうと、枕ことばは何でもいい。
今はCTには見えてないんだから、素直にうれしい♪

「腫瘍マーカー値は一進一退、77(正常値は35以下)ですから要フォローです」

ということは、まだCTには写らないほどの小さいヤツが潜んでいる、ということなのだ
まぁ、それが、大きくならなければいいってことだけど。


先生は大学に戻ってしまうから、これで先生と会うのは最後だ。

2012年11月の手術翌日の朝、ICUで再会してから
私の希望で前の先生から担当になっていただき、本当にありがとうございました。
今までの先生とは雲泥の差でした。
病気が病気だけに、親身に相談に乗ってもらえるのはどれだけ気持ちが救われることだったか
先生にはわからないかもしれませんね。

お礼にと、ラブ❤注入GODIVAのチョコレートを渡した
気持ち的には抱えるほどの大きな包みのプレゼントをあげたいけど
きっと受け取ってくれないだろうから(病院では贈り物は受け取らない、と張り紙もしてある)
ちょっとポケットに入れられて、疲れたときに食べられるようにと、小さいものにした。

先生、あんまり働きすぎないでくださいね!
癌になっちゃいますよ!









関連記事

テーマ: - ジャンル:心と身体

検査 | 11:47:59 | トラックバック(0) | コメント(2)
患者が守るべき7つの心得
患者が守るべき7つの心得:医者をその気にさせて、良い診察と治療を受けよう

医者や患者の双方を取り持つ「パーソナル医療コーディネーター」という立場から、
これまで2万2千件以上の相談を受けてきたという著者が、よい医者と出会い、
よい診察と治療を受けるための策を説いた書籍が、
『誰も教えてくれなかった医者のかかり方完全マニュアル』(おのころ心平著、アスコム)。

著者が患者さんから受けた相談に共通しているのは、医者とのコミュニケーションのすれ違い。
だからこそ「病気の治療においてはあなたが主人公(王将)です。飛車と上手に付き合い、
病気という将棋にしっかりと戦略を練りましょう」と言うのですが、それがなかなか難しいのも事実。

本書より「その4 〜医者に着いたら必ずしたい〜 医者をその気にさせる「7つのスイッチ」を
見てみましょう。



1.大きな声で挨拶


大切なのは、たったひとこと、「おはようございます」「お願いします」などはっきり挨拶すること。
理由は、第一印象のよしあしが、その後のコミュニケーションに大きな影響を与えるからだといいます。
そして最初によい印象を与えることができると、良好な関係が持続することに。
また、元気な印象を与えることで、医者には「本来この人は元気な人なのだ」という病気が治っていく
ゴールのようなイメージを与えることになるそうです。(87ページより)


2.感謝の言葉を口に出す


医療は人と人(患者と医者)の関わり合い。患者もなるべくなら、効果があったと感じたときや、
調子がいいなと感じたときは医者に感謝の気持ちを伝えるべき。具体的なフレーズは
「お世話になっています」「おかげさまでよくなりました」「調子がよくなり、気分も回復しました」など。
それは、医者にとっては最高の報酬だといいます。(90ページより)


3.目を見てコミュニケーションを


大事な場面で、話している相手の目を見たり視線を交わすこと(アイコンタクト)は、
重要なコミュニケーション手段。会話のなかで適切なアイコンタクトができれば、
患者と医者の心と心が触れ合った瞬間を感じ取ることができるそうです。そして言葉では
表現できないそうした瞬間の積み重ねが、医者の「ヤル気スイッチ」に火をつけてくれるという
わけです。(94ページより)


4.メモをとる


メモをとることには、2つの大きなメリットが。まずひとつは、「話の記録」。
医者の話の流れが、あとから見返してざっくりとわかれば充分だといいます。
そしてもうひとつのメリットは、よい印象を医者に与えることができるということ。
「あなたの話を一生懸命聞いています」というシグナルを送れば、医者をその気にさせることが
できるのだとか。(98ページより)


5.看護婦や受付にも気配りを


同じ医療機関で働くスタッフへの気配り具合も、患者自身の印象を大きく左右するもの。
なぜなら、看護婦さんたちの噂話には威力があり、よい噂も、悪い噂もあっという間に広まるから。
注射や検査の際に「ありがとうございます」とお礼を言うだけで、印象はまるで違うといいます。
逆に横柄な振る舞いや見下したような態度は、それだけで自分の治療効果を低下させるようなもの。
(100ページより)


6.回復していく物語を


病気を回復させていく過程で、医者を「いい意味」で自分の人生に巻き込むことが大切。
「病気を治さなければならない理由」や「病気が治ったあとにやりたいこと」などを医者に何度も伝える。
すると自分の気持ちも強くなっていき、回復の過程とゴール以後の患者の人生のイメージを医者と
共有できることになるわけです。それは大きな心の支えになり、同時に、医者にやる気を起こさせる効果も
生み出すそうです。(102ページより)


7.病院と密なやりとりを


「顔なじみの医者をつくること」が大切なのは、何度も顔を合わせて関係が密であるほど、
いざというときの処置がとりやすいから。普段から患者と医者が家族ぐるみでつきあうような
間柄であれば、患者の日常生活の背景などまで把握しているわけなので話が早く、
治療もスムースに進んで早期に
治る可能性も高まるそうです。(107ページより)


文体もソフトで、ほどよいユーモアも盛り込まれているため、とても読みやすいと思います。
医者にかからなければならないことは誰にでもあるだけに、ぜひチェックしておきたい一冊です。

lifehacker



関連記事

テーマ: - ジャンル:心と身体

情報 | 22:06:52 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。