■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
お医者さんは癌が治ると思っていない
癌になってからいろいろな情報が集まってくる


友人や家族、勤務先の方から本やサイト、最先端の治療法など紹介してもらっている
一人では集められないのでとても助かっています。
この場を借りてお礼申し上げます


今読んでいるこの 「9割の医者は、がんを誤解している!」 も紹介してもらったもの。
お医者さんが患者さん目線で書いている本でわかりやすい

hon 
Amazon


この本の P70~P71 に

癌治療における一番の問題は、肝心の医者が本音の部分では(特に進行した末期がん)が
治ると思っていないことです。

癌は治らないという医者の姿勢が、現実には、がんの治療成績を押し下げる大きな要因の
ひとつになっていると思います。

どうせ治らないのなら、せめて「標準治療ガイドライン」を厳密に設けておいて
うまくいなかに場合に備えてアリバイ(免責)をつくろうとしているのではないか、などと
言われても反論の余地はないように思います。

とある。


私も実際に木曜日にサイバーナイフの病院で話しているときにそう感じた

先生は「サイバーナイフは痛くないし、入院の必要もない。
手術のように急激に体力が奪われることもない。
残された少ない時間を無駄にしないということではサイバーナイフはお薦めだ」と。

一語一句が同じではないけど、そのような事を言っていた。

彼が言ったことは正論だと思うし、私もなるほど、と思った。
でも同時に、「あぁ、私が生きられるのはやっぱり "少ない時間" なんだなぁ」と実感した。


正論とはいえ、それを患者さんに言うのはどうだろう。

繊細な方もいらっしゃるし、例えば小さなお子様や介護が必要な方がいる方もいらっしゃる。
自分が病気なのに、心配しなければならない方がいるというのは
励みにもなるだろうけど大変だと思う。病気になるといつも不安がつきまとう。
それなのに、患者さんを助ける立場のお医者さんが言葉のナイフで患者さんを傷つけてしまう場合
があると思う

お医者さんにしてみれば、医学的・論理的に「当然」「事実」と思われることを
言っているにすぎないのかもしれないけど。


入院中にも、キツイことを言う先生がいるという話を同室の方から聞いた

診察の時に先生に聞いたそうだ。
「先生、あとどのくらい生きられますか?」
その方は発病してから10年、入退院・抗がん剤を繰り返している60歳ぐらいの方
「もう10年生きたんだから充分だろ」

その方はとても明るいので、
「今度は何を言い返そうかって、いつも考えてるのよ」と言っていた
明るくふるまっているだけかもしれないのに。

「だけど、この前私の前の若い女の子、泣きだしちゃったのよね。かわいそうに」と言っていた。

関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

癌について思うこと | 10:32:51 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。