■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
点滴
ずっと点滴につながれている
この入院・手術まで一度も点滴なんてしたことがなかった


点滴の針は5cmはあるだろうか、
長いので手首からひじまでの長くてまっすぐな血管が使われる

パソコンをしているときに肘から下がテーブルにのっかっているが
ちょうどそのテーブルに触れているあたりに針がささっていた

真夏でも外を走る真っ黒な私でも、そのあたりはさすがに白魚のよう^_^;
色白の女性のように青く血管が見えている
看護婦さんも真っ黒すぎて血管が見つからないところよりも針を刺しやすいに違いない


今日は自分でシャンプーし、足を洗った
体がきれいにさっぱりすると、気持ちがいい

シャンプーする時じゃまなので、看護師さんが点滴をはずしてくれた


点滴の針はそのままで、チューブだけはずす
腕の裏側の日にもあたらないようなやわらかいところに刺さっている針に
つながっているチューブに針の無い注射器で凝固防止剤を注入する

その日は若い男性の看護師さんだった
血管に凝固防止剤が注入されるわけだから、痛みはなくても圧迫感はあるし
すでに手術の傷跡が痛いのでこれ以上の痛いことはされたくない
毎日の血液検査の注射だっていやなんだから

「ゆっくりお願いします」と彼に頼んだ

それなのに丁寧にしてくれなかったので
凝固防止剤の液が腕の中で じゃばー!!! っとあふれた
びっくりしたのと痛いので座っていたベッドからお尻が10cmぐらい飛びあがった

そのとたんその動作がお腹の創に響いた
「痛い!!!」

「だからゆっくりやってってお願いしたのにぃ。。。」
お菓子を取り上げられた3歳時のように、涙ボロボロ泣きながらながら訴えた
カッコ悪いとか恥ずかしいとか、そんな感情はどこかにいってた

やっぱり性差だろうか、女性の看護師さんの方がきめ細やかな対応をしてくれる
女性の看護師さんはいつも何をするのも
「痛かったら言ってくださいね~」と声をかけてくれる

彼は結局ひとことも「すみません」も「ごめんなさい」もなかった

その後凝固剤の注入や、点滴の針の位置を替えるときなど
彼が担当になったときは断った

同じ部屋の方も同様に断ってた
「だって、下手だから痛いんだもん」


患者はわがままになってもいいですよね?(^_^)




関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

入院 | 10:00:13 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。