■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
手術後1週間
火曜日に手術をうけてから1週間後、胸部外科の外来に行くように言われた


まだまだおなかの創が痛いのに4Fの入院病棟から1Fの外来まで行って
胸部外科のA先生に会った

先生の話は、肺に転移した癌細胞を手術して取るので手術日をいつにするかだった
しかも直腸癌摘出手術からたったの1カ月後
肺への転移はわかってはいたが、こんなすぐ手術の話を聞くのに私の心はまだ準備できてなかった


やっと、やっとお腹の方が少しなんとかなってきたところに
また次の手術なんて、これっぽっちも考えられない


「先生、少し考えさせていただいてもいいですか」
「いいですよ。じゃ、この仮予約は取り消しますね」


その晩、レジデントのY先生が様子を見に来てくれた
Y先生はいつも親身になって話をしてくれる
肺の手術のこと、このまま先延ばしにすると癌が大きくなってもっと大変な手術になるので、
このタイミングで手術をするのが一番いいとアドバイスしてくれた


実は私は健康診断で約2年前に最初便潜血がわかったとき再検査をするように言われたのに
内視鏡検査は敷居が高くまたちょうど生理の終わりごろと重なっていたので
ほっておいた経緯がある

それから1年ちょっとしてからの健康診断でも便潜血があり、
いよいよ内視鏡検査をしなくちゃ、と重い腰をあげてクリニック行ったら、
かなり成長した"りっぱな"直腸癌だということがわかった

最初にわかったときに検査して対処していたら
お腹を切らずに腹腔鏡手術だけですんだかもしれない


同じ失敗を2度繰り返すのはバカだと思いながら、
手術後の痛みを考え脂汗をかき1晩眠れぬ夜を過ごしたが、
やっぱり肺の手術をうけることにした
少し気持ちが前向きになった

翌朝の回診のときにY先生にそのことを伝えたら
「じゃすぐに僕からA先生に連絡して、一番早い日で手術を予約します」

はぁ、、、また手術かぁ






関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

入院 | 10:41:16 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。