■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
看護婦さん
入院中改めて看護婦さんの仕事の大変さがわかった


夜は1時間おきに見にきてくれる
点滴の残量を確認したりするだけではなく、
点滴をしている腕が曲がっていると点滴が落ちないので
寝ている患者さんの腕をそっと伸ばしてくれたりもする

夜お手洗いに行ってスリッパを脱いでベッドに入る。
お腹の創が痛いので、スリッパの向きをかえるのは大変な作業なのでそのままにしておく
すると看護婦さんが直してくれる

午後5時ごろが交代の時間でそのまま朝8時ごろまで仕事をする


「やりがいのある仕事ですね。がんばってね」と
OJT(on the job training)で先輩看護婦さんと一緒に
仕事をしている新米看護婦さんに話しかけた

「私が患者さんを励まさなくちゃいけない立場なのに
私の方が患者さんから励ましてもらってたくさんパワーもらっているんです」

自分で自分のこともままならなく情けない気持ちになっているときに
どんな時も他の人の役に立つことができるんだとうれしかった

職業に貴賎なしというが、看護婦さんの仕事はお医者さん以上にすばらしいと思う



関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

入院 | 22:27:26 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。