■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
明日は手術
今日はあんまりイベントがなかったから退屈な1日だった
昨日と今日のことを1日にできないものだろうか


朝6時から始まった腎機能テスト(クレアニチンテスト)が朝6時から始まった

起きたらトイレに行って排尿する
そのあと500ccの水またはお茶を飲み、1時間安静にして寝ている
またトイレに行き全部排尿する
その後もベッドでおとなしくし30分後血液検査
また30分安静にし、今度は尿を全部採取する

検査はこれだけ。

あとはICUの見学、手術の看護師さん、麻酔科の先生との打ち合わせ、だけ。
手術リピーターなので、イメージはつかめるからあんまり質問もない。
半分以上はあきらめの境地^^


去年は病室で麻酔をしストレッチャーで4階から3階まで行き、
長い道のりを通って手術室に行ったが、今年は部屋から自分の足で歩いて行くらしい
去年ストレッチャーに乗った時点でもう緊張マックス!
だから歩くのは大歓迎だ!


今回は3時間ぐらいの手術なので、前回の半分ぐらいの時間なので
術後少しはらくだろうか、と期待があったけど、
麻酔後の気持ち悪さ、頭痛、めまいはやっぱり起こるだろうって(残念)

前回肺の手術後は自分で息ができないことに非常に恐怖を感じんですけど、と
(過去生で多分3回ぐらい溺死してると思う^^)
相談したところ、ゆっくり楽に呼吸をするといいらしいそう。
むせちゃったりしたらどうしよう」」と心配なんだけど。。。

あとICUでは女性の看護師さんをお願いします、とリクエスト。
特に手術直後は自分では全く何もできないので、
にぎらせてくれたナースコールのボタンに命かかってるから
やっぱり女性のほうが決め細やかさとか丁寧さとか格段に違う。
男性の看護師さん、ごめんね^^
でも男性の特性を生かしたお仕事のほうでがんばってね!






関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

未分類 | 22:33:29 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。