■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
内視鏡
クリニックでの内視鏡は麻酔で寝ていたので全然問題なかった。

が、しかし、がんセンターでの内視鏡は違った。。。

「麻酔後休めるベッドがないので、麻酔はしません」


え~ まじっすか~



検査前日から実家に泊まり、例の水責め(下剤2リットル)

あ、でも、がんセンターは“パイナップルフレーバー”の粉末をくれたので
だいぶ飲みやすかった ^_^;



検査当日朝病院でお手洗いに行くと、とにかく狭い。
もたもたしてたら緊急時用のベルを押してしまったようで
外から看護婦さんがドアをドンドン! 
「大丈夫ですか」



クリックは新しいビルで、さすが女医さんとあって
トイレも広くピンクの基調できれいだったなぁ。。。



内視鏡検診はまずチューブを盲腸あたりまで挿入し、
引きながら見て行く
入れる時空気を送ったりするので、苦しいし、痛い。


「腸が長いから痛いね」

知らんがなぁ~ 


「せんせー、痛いんですけど。。。(涙)」
「じゃ、ちょっと休もうか」


麻酔して~


関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

検査 | 00:05:36 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。