■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
昨日退院!
まぁなんでも、だめもとで言ってみるものだ


病院は寝られない
以前肺の手術で入院したときから、顧客リスト上には
"外泊の恐れあり"などと書かれているのかもしれない
夜9に~朝6時まで消灯にしてあったところで結局眠れない

外泊は毎日お医者さんの許可が必要になる。
18日(日)の夜今回の手術後初めて外泊し、19日(月)も同様に外泊許可を出そうと思った

それに看護婦さんからも、
元気そうだしもしかしたら退院が早められるかもよ、とも言われていたので
「外泊したい」「早く帰りたい」「退院はやめられるといいな」オーラだしまくりで
19日(月)朝9時の先生の回診を心待ちにしていた
ところが月曜日の朝、待てど暮らせど先生の回診が始まらない
先生、どうしたのかなぁ。。。


そしたら12時少し前に執刀医じゃない先生が入ってきて
「どう?」
「おかげさまで順調です」

「退院したい?」

面食らった質問の回答に数秒遅れたのが悔しかった

「は、はい。もちろん!」

「あ、でも、21日(水)のレントゲンと血液検査は来てもらわなくちゃならないけど」
「全然問題ないです!実家がすぐそばなので、すぐかけ付けて車横づけします」

やった!!!


本当だったら自分の家に帰ったらもっといいに決まってる
でも水曜日のレントゲンが終わるまで仕方がない、実家にお世話にならなくちゃ
そして当初の退院予定だった22日(木)に両親に自宅まで送ってもらうことになった


今回水曜日の術後5日後の月曜日退院で盲腸なみに早くてうれしかった!

よっしゃ!まだまだ私、いける!







関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

入院 | 16:06:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。