■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ICU パート2
手術室で硬膜外麻酔を待っているときのこと

いよいよ手術台に寝て心電図用の装置がつけられると自分の心音が聞こえてきた
なんだか本当に手術っぽくなってきて、緊張してきた
これが止まると心肺停止で死ぬってことなんだなぁ
小さいの入れて手術ももう4回になるけど、やっぱりドキドキする

「あ~ 緊張してきたぁ!」と言ってみた
「そうですよね~ 緊張しますよね。こんないかにも手術って感じのところに寝かされて」
と看護婦さん2名が私のそれぞれの両方の手をぎゅっと握ってくれた

よく男性患者さんが看護婦さんに恋するって話も聞くけど
そりゃ私だって恋しちゃいますよ。そんなにやさしくされたら ^^


そんな恋物語を夢枕に眠りにおち、起きたらICUで色々チューブに拘束されてた

夜は体が動かさせないので、頻繁に弾性ストッキングを脱がせて
足をチェックしてくれたり、足につけてあるポンプを見てくれたり、
床ずれにならないように体の下に三角の枕をかませてくれたり
口の中にチューブつっこんで痰を吸い取ってくれたり(これは痛かったけど)
1晩中こまめにお世話をしてくれる

やっと朝になり、長い長い夜が明けた

朝は朝でやることがある
左手首動脈に針がささっているところから血抜いたり(本当に鮮血って色!)
ポータブルレントゲンをとったり
口に当ててある酸素吸入器からネブライザーという霧状の痰切りを入れられたり

「お顔をおふきくださいね」と飛行機のように暖かいおしぼりももらえる
その後は口をゆすいて歯磨きもできる
そしてあたたかいお茶(番茶かな?ほうじ茶かな?)ももらえる

そろそろ10時になるころ、着替えましょう、ということになった
手術着をはずし、腹帯(お腹の手術の時にまくサポーターのようなもの)を
胸帯変わりに持って来たのでそれをつけてもらい、パジャマを着させてもらう
でもその前に、暖かいタオルで体を拭いてくれる

下はT字帯というふんどしのようなものがつけられているので、
それをはずして尿管をはずす。これで一つ管が抜けた
そして腰の下に空気で膨らませたやわらかい洗面器というかたらいがあてがわれ
下半身に暖かいお湯をかけて流してくれる
はぁ~ いい湯加減。 なんて場所が場所だけに緊張してて思えないけど^^
お尻がさっぱり洗われたところでパンツとパジャマパンツもはかせてもらえる

そして手鏡とブラシを貸してくれたので
「早く頭が洗えるようになるとさっぱりしますよね~」と一言言ったら
「じゃ洗いましょうか?」と看護婦さん

早速洗ってもらってさっぱり!

だけど、さすがに手術翌朝で貧血になって気持ち悪くなり
病室に戻るのに車いすではなくストレッチャーで帰りました




関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

手術 | 12:27:10 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。