■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
注腸検査
注腸検査とは、お尻からバリウムを入れて腸のレントゲンを撮ること


いろいろ検査をしたけど、これが一番辛かったかなぁ。。。


胃部レントゲンと同じで、検査台が動く

最初大の字で寝て、両腕を広げたあたりにハンドルがあるのでつかまる。
そのあと、頭側がさがったり、横になったり縦になったり。


さすがに「おせんべ焼けたかな」のように裏返しになるところまでは
いかなかったけど、遊園地のアトラクションかよ、って感じ。

しかも、お尻にチューブは入れっぱなし。
バリウムが都度注入され、お腹は張ってきて妊婦さん状態


それなのに
「右を下に横向いてください」
「今度は左を下にして横に向いてください」

体を動かすたびにお尻のチューブが。。。


あぁ。。。 でちゃうぅ~  (冷汗)


「今度はうつぶせになってください」

むり。。。。 お腹破裂寸前




内視鏡検診と同日だったので
前日からの水責め(下剤)とでもうヘロヘロ。。。


関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

検査 | 09:35:49 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。