■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
胸腔鏡手術
胸腔鏡手術が主流の前は、肺の手術と言えば肩甲骨のあたりから前の方まで
何十センチもずいぶん大きく切ったそうだ


腹腔鏡と同じく肺の手術でも胸腔鏡という内視鏡を使って手術を行うので
切り傷はだいぶ小さくてすむ

今回私は再発のため前回と同じ切り口を切ったが、長さは長くなった
1度手術をしたことがある患者さんは、肺と肺の周りが癒着するので
それを丁寧にメスで切り離しながら行うので、創口はどうしても大きくなってしまうそう

今回は約12cmほど

場所は腕をまっすぐおろすと隠れてしまうところで、バスト横あばら骨の上
今回は腕をおろしても創を隠せなかった(涙)

去年は針金で縫ってあったが、今回なし。
コストダウン? それとも抜糸がいらない糸でぬってあるのかな?
今度先生に聞いてみよう

でも不思議なのは、胸腔鏡の穴は多分直径1.5cm程度なのに
アスタリスク "*" のように糸で縫ってある
12cmの創は縫わずに、1.5cmの穴は縫ってあるのはどうしてだろう


P2012_1117_113850.jpg

ちなみに、リンゴが包んであるような白いのがある所は切ったとこです

この抜糸は7日(金)の予定で、抜糸が終わるまでシャワーのみ
寒いのに全然あったまれな~い!


関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

手術 | 07:36:50 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。