■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
なんかいい方法
何と表現したらいいのだろう
こんなことを言ったら後ろ向きだ、と思われるのだろうか


たとえばある時癌があることがわかった
ステージ Iなどの場合全然心配することもないし
大きな手術や辛い抗がん剤もせずに完治できるだろう


ではこれが私のようにもっと進行していたらどうなのか
手術もし、抗癌剤もした
とりあえず今は落ち着いている
とはいえ治ったとは言えないから定期的に検査が必要だと言われ従う

しばらくしたらまた癌が見つかった
手術できるうちはいいわよ、と言われ手術になった
または手術はできないから抗がん剤になるけどどうする?とか
今回は放射線治療ができそうとか、その時その時で対応はかわるだろう


癌になったら、こういうことの繰り返しになって
手術や薬などまるで与えられた避けることのできない試練のように
仕方ない、と諦めて従うしかないのだろうか

そうやって少しずつ癌にやられてしまうのだろうか


以前読んだ本によれば
5年後のことを考えたり心配するより、
毎日毎日を一生懸命生きて、結果として5年生きられた、と
考え方を変えるように書いてある

だけどそうすると動物好きな私は今後犬を飼うことはできないのだ
だって私が途中で死んじゃったらワンちゃんにとって無責任じゃない

もう一度犬が飼いたいと思っていたんだけど。。。

もちろん、犬を飼ったら気力がパワーになるかもしれない
両親はそれで犬を飼った
でも癌は年をとるということとはちょっと違う


そういう"制限"がついてきて
結果という過去振り返りながら粛々と毎日を営み
今日まで一生懸命がんばったねと自分を褒める

なんかやっぱりベクトルは後ろ向きだよね


ったくさ、こう、ぱぁーっと気持ちが明るくなるには
どうしたらいいんだろうね~?

癌に負けることもあるかもしれないけど
そういうこともあるし、そのときはそのときで仕方がないじゃん

だってやっぱりさ、前向いて歩きたいじゃん


  


関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

癌について思うこと | 20:01:46 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。