■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
MRI
注腸検査も嫌だったけど、MRIも嫌だったなぁ。。。


お腹の腰骨あたりをベルトで固定される。
そして胴体の上に重たい柔らかい板状のを乗せる

この状態でもうすでに息苦しい
1/3ぐらいしか息が吸えない


私は呼吸がうまくできない状態に恐怖を感じる
間違いなく過去世で2回ぐらい溺死してるね、アタシ。



「何かあったらお知らせしてください」
と天井にある小さなマイクを指さす検査技師

私は酸素マスク?をつけられているのに、声届くのかしら

またもや造影剤を手の甲から入れて、撮影開始。



MRI はCTと違ってとても圧迫感がある。
ドーム状の中に入る時、鼻先をかすめるぐらいの距離

心臓バクバクしてきた

い、息が。。。 苦しい。。。



「すみません、少し休みたいんですが。。。」
「はい、じゃちょっと休憩です」

あ、マイクはちゃんと使えるんだ。よかった。

っていうか、先生、そこでとめちゃうの?
一度MRI から出たかったんだけどなぁ。。。

圧迫感のままの休憩って、これじゃあんまり休めないよ~


終わったあと空気がたくさん吸えてほっとした


関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

検査 | 10:41:20 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。