■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
レジデントのY先生との再会
月日がたつのは早い

もう手術をしてからかれこれ3週間経つ
あれ? でもまだ3週間か。

なんだかもう遠い昔のような気がするなぁ。。。


11月15日手術翌日の朝、朝9時ごろだったろうか、
去年の最初に受けた直腸癌摘出手術の時
とってもよくしてくれたレジデントY先生がICUでベッドに来てくれた

Y先生の担当の患者さんをICUに見に来て
その際私に気づいて、ベッドの足もとにあるPCの患者データを見て
やっぱり私だと確認して話しかけてきてくれたそう

「Y先生!お元気ですか。(と、手術翌日の私が言うのも変かしら^^)
残念ですが、手術リピーターになっちゃいました ^_^;
私のこと覚えていてくださったんですね! 
もう忘れちゃったかと思っていました」

「患者さんのことは100%絶対に忘れないです」

「(あら、素敵❤)
先生、(レジデントではなく)今先生になられて外来も担当されてるんですよね。 
あのぉ、Y先生、私の担当の先生になっていただけませんか」

「え?はい、いいですよ!じゃ僕から(現行の)先生に言って
僕の担当の曜日のほうが都合がいいって聞いたので、変更しましたってことにしますね」

「ありがとうございま~す!」


今私が見ていただいてる先生、基本オーケーだけど
勉強だけしていて、外で遊んだこともなく、世間にもまれたこともなく
子供のまま大人になっちゃった、みたいな方

たとえば会話の途中で私が口をはさんでしまったりするとムッとする
そのくせ後から言いすぎちゃったと反省するようで急にやさしくなったりする
(DVのパターンか?^^)

あんまり双方向での会話もなりたたないんだなぁ
まあ、でも、先生だって人間だもの、そういうこともあるよね、と我慢してた


でもレジデントだったY先生は本当に親身に聞いてくれる
病気が病気だけに、腕がいいとか、手術の経験豊富なだけでなく
そういう患者さんの気持ちによりそってくれるような暖かさも大切


今度14日(金)にはじめての外来が予定されている

今後の事、治療の方針、今までの結果、腫瘍マーカー値のこと、などなど
今まであまり聞けなかったこと、全部聞いてみたい

すごく楽しみ♪



関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

手術 | 08:27:07 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。