■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
CTの結果-1
12月4日(火)の検査結果を聞きに行って来た

正直諸手をあげて喜べる結果ではなかった
でもY先生は親身になって30分近くも話をしてくれたのはとてもよかった

Y先生とは会話のキャッチボールができるので、
こちらの質問には、直球ストレートで説明してくれるので明快

いかにも当たり前に聞こえるが、今までは当り前ではなかった


さて今日の結果の問題点は
昨年抗がん剤治療中の10月に5mm程度の影が見つかり(左の自己紹介欄にあるとおり)
抗がん剤治療中だけでなく終了後もずっとそのままの大きさで色も濃くならないでいた
大きくならなかったので、おそらくリンパ節だろうと思われてきた


今回の手術で癌細胞を摘出する際に、その5mmの影の部分も確認し
疑わしかったらそれも摘出すると説明を聞いていた

実際には癌ではなさそうだ、という判断がされその部分はそのまま残された

それが今回のCTではサイズはほぼ同じか若干大きくなっていて
色が濃くなっていたのだ


だったらその疑わしい部分も取ってくれてたらそんな心配はいらなかったのに、
と先生に聞いてみたところ

「取るのは簡単。
だけど切除する部分は小さければ小さいほど合併症や体のダメージは減る。
また、肺は切除したら再生するわけではないので取れば永遠に失う。
たとえば後から左肺に出てきた癌細胞を切除したいとなった場合でも、
その右肺にある"疑わしいレベル"のリンパ節を取ったために、
右肺で呼吸ができなくなるために左肺の手術ができなくなった、
というような状況は避けたい」


なるほど
Y先生も、CTのデータをさかのぼってこの時点からこれがあったのだ、
と言うのは簡単だと言っていた
(現在見る目標物があってそれを過去に追っかけて行くわけだから)

そりゃそうだ


現時点でそのリンパ節がなんなのか、これからどうなるのか、と考えるのは難しいのだろう

先生方も難しい判断を強いられ本当に大変だろう





関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

検査 | 20:01:19 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。