■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
去年の直腸癌手術に話を戻して。。。
さて現状は落ち着いていて、来月の4月までは検査も何もない
後で心配できることは今心配することはやめることにした
どうせ検査結果をきく時には緊張するんだから、その時まで緊張はとっておこう


話は2011年5月の直腸癌摘出手術にもどして。。。

2週間入院し、退院後1週間実家にお世話になった
実家から徒歩5分ぐらいのところに小さな公園がある。

リハビリを兼ねて歩きに行くのだが、その5分の距離を歩く自信がない
というのも、いつお手洗いに行きたくなるかわからないから
公園につけば、トイレはある
だけど公園まで行きつけない気がする
5週公園を回る予定を到着してとんぼ返りしたこともある

入院中の荷物はいろいろ調べて用意したけど
退院後リハビリで歩くための服や靴は全然頭になかった
すっかり日差しも強くなり、日傘をさしたいぐらいだったのに
着てるカッコウはジャージ
走る時のキャップでも持ってくればよかったと後悔


何を食べたらいいのか、食べた後どのくらいでトイレに行きたくなるのか
自分で把握できるようになるのに、手術から約1年かかった

その間、通勤途中の駅という駅のトイレの場所を頭に入れた
突然催した時、おなかの手術痕も痛むので走れないし
自分の乗っている車両とトイレとの位置関係、
この駅でおりて遠くまで歩くトイレに行くのと
もう一駅のって近いトイレに行くのとどちらがいいか
急行は乗らない、どこが冷房があたらないか。。。


いやぁ、大変だったなぁ。。。^_^;



関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

手術 | 20:52:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。