■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
また手術かも
手術したばかりで、次の手術の話を聞くのは正直へこむ。


「手術をお薦めします」とお医者さんに言われてから
まず手術を受けるという事実を受け入れ、待ちうけている苦痛を想像し
仕事の調整と休むことで職場にかける迷惑を申し訳なく思い
そしてもちろんクロちゃんのこともあれやこれやと心配する

手術待ちの約1ヵ月間かけて、気持ちをなんとかそちらに向かわせる
この手術、受けなくてすむものなら、逃げ出せるものならと
心のどこかで子供のようにかすかな期待をする

入院1週間前に病院から確認の電話が入り、やっぱり手術を受けるんだよね、
と再確認とともにあきらめと覚悟。


そして手術の大変さをのりきり、やっと退院し、創も癒えてきて
少しずつ日常を取り戻してきた矢先に
「場合によっては(また次回も)手術をお薦めします」と言われるのだ

たった今手術が終わったばかりなのに。。。!

特に今回は 「何も問題ないですね!今日でおしまい!」 ぐらい
言われるかと思っていたし

「まじっすか?」とそんな普段使わない言葉と
お笑い芸人ばりの思い切りびっくりした顔をして気持ちを濁してみる
そうでもしないと、涙がこぼれちゃうよ、先生。

病気がつらいとか、死ぬかもしれない、とか
そんなこと以上に 「また手術」 と言われるのがどんだけのものか
うーん、言葉では説明できない




関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

癌について思うこと | 14:17:58 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。