■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
余命2年
昨日の書類、先生と話し合ってお互いに納得したものができあがった

朝早く出向いた甲斐があった(^O^)


結局日付の件は、先生のご厚意だったことがわかった
最初からあるのにずっとそのままだ、と書けば
成長がものすごく遅いものだとわかるからそのほうがいいと判断したそうだ

今回確かに2011年の10月に発見されたものだが
それより古いデータをさかのぼって、ここにあるはずだ、という目で見ると
実際には一番最初の手術前検査の時にもあった、ということになるからとのこと

つまり実は最初(2011年3月)からそれは存在していたが
そのときのCTのデータで確認することができないほど小さかったので
先生も発見することができなかった
それが成長し10月のCTにひっかかった、というわけだ

最終的に日付は2011年の10月にしたが、最初からあったと書いても
どちらでもよかったことだった


いずれにしても 「その影は癌ではないと2012年11月の再発摘出手術時に
確認されたのでそのままにされた」
この部分は間違いないことが改めて確認できてよかった


ところで昨日のその書類の中で予後について記入する欄がある
そこには、「まだ手術や抗がん剤など打つ手はあるので
今現在予後について言明することはできない」と簡潔にしてもらった


実は訂正前の予後欄の最期に「約2年」と書かれていたが削除してもらった
その意味がよくわからなかったので聞いたところ
今後例えば複数の癌細胞ができちゃって、手術ができないということになったら
(つまり、取っても取っても出てくる可能性があるので手術をしない)
抗がん剤を使用することになる
もし抗がん剤を使う状況になったら、余命は「約2年」だそうだ

その瞬間ピリっと緊張が走り、全身の筋肉が収縮したのがわかった


そっかぁ。。。 2年かぁ


そうならない、と絶対に言えないし
絶対2年とも言えないだろうな

あと余命2年ですと言われたらへこむよなぁ、たぶん。
いやいや、そうじゃなくて、余命2年と言われるより
延命させるためだけの抗がん剤を受けることのほうがへこむ。

同じような状況で、抗がん剤の苦しみに耐えながらがんばって生きてる方たち、
本当に尊敬します


あ、でも、前回余命半年とすでに言われたことがあるから
4倍長生きできるってこと? ^_^;





関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

癌について思うこと | 20:35:40 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。