■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「癌」 と 「がん」
先日会社の健康診断を受けに行ったとき
待ち会い時間に読んだ本はがんに関するものだった

最初の数ページしか読む時間がなかったけど、ひとつ新たな発見があった

それは「がん」と「癌」の表記の違いについての説明だった

以下はネットから

「がん」はいわゆる悪性新生物全体を示します。
それに対して「癌」は上皮細胞が悪性化したものを示します。
扁平上皮癌等がその代表です。

「がん」ではあっても「癌」ではないものは、肉腫、白血病、リンパ腫などがあり、
これらは上皮細胞でないものが悪性化したものです。
ですから「国立がんセンター」がありますが、
これは「がん」となっているのは、「癌」だけでなく、肉腫、白血病、リンパ腫も対象にします。

ちなみに「ガン」は「がん」と同義語と解釈します。


「癌」は「がん」に含まれている言葉だったなんて、全然知らなかった。
単にひらがなの方が平易で読みやすいとか、その程度だと思っていたんだけど。


更に「扁平上皮」とは、体の表面を覆っている平たい形をした細胞組織のことだそう
口や喉の内部、食道の内側、子宮頸部(入り口の部分)、腟、肺などに発生するのが扁平上皮癌。

それに対して「腺がん」は胃や腸、子宮体部、肺、乳房、卵巣、前立腺、肝臓、すい臓、
胆のうなどに発生するもの

がんサポートセンター


腸の表皮というは「体の表面」になるわけだ。
確かに口からお尻まで筒状になっているわけだから、体の表面ということなんだね。


いやぁ、色々と勉強になります。


関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

情報 | 10:20:49 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。