■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
連絡不行き届き
大きな病院では 「連絡不行き届き」 はよく起こることなのだろうか


頭痛持ちなのでCTやMRIを撮った方がいいのでは、とまわりから言われていた。

がんセンターで定期的に首から下のCTはよく撮るんだから
あと30cmほど余分に、ついでに首から上も撮ってもらえないだろうかと
素人心で思いついたことを前回先生に相談してみたら
関係部署に聞いてくれてできるという返事

なので、2月1日金曜日のCTでは、頭(脳)も一緒に撮ってもらうことになっていた


当日、CTの台の上に寝てからメガネをはずしていないことに気づいた

「あ、すみません。メガネ忘れてしまいました」
「大丈夫ですよ、そのままで」
「でも、今日は頭も撮るんですよね?」
「いいえ、体幹(首から股関節まで)だけです」
「へ?」

あぁ、まただ。

ここで今私が検査技師の方たちに 「頭も撮ることになっていたんですが」 と
言ったところですぐにその場で、「じゃぁ頭も撮りましょう」ということにはならないはず。

まずは外来担当看護婦さんに連絡→ドクターに連絡→ドクターがCT検査技師に連絡と
おそらく1時間はかかりそうな工程が待っている

なにしろ前回忘れられていた
たかだか血液検査ひとつにしてもドクターからの依頼なのだから



撮ったら撮ったで結果を聞く心配事がひとつ増えるので撮らなくてもいいけどさ
実はちょっとホッとしたといのが正直な気持ちだけど
それにしても、ひどくない?


病院だけに、連絡拭き届きは困ると思うんだけどなぁ。
今度8日(金)に結果を聞きに行くので事情を聞いてみよう


やれやれ。。。



関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

検査 | 01:42:04 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。