■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
末期がんでしかも統合失調症の女性とホスピス
面白い記事を見つけたので転用


病は気から  気の持ちよう

よくいったものです。

病は気から。気の持ちようで身体の状態は大きく変わる(イラスト・まつばらともみ)
 末期がんでしかも統合失調症の女性に、あるホスピスで関わらせていただいたことがある。この女性は、「医者は悪の組織を作って自分に危害を加えようとしている」という妄想を持っていた。

医師への不信感が強く、がんという診断にも「私を病院に監禁するための嘘だ」と言う。しかし驚くことにこの方のがんは非常に進行が遅く、余命3カ月と診断されてから3年ほども生きていらした。絶対にがんではないと思いこんだので、気落ちせず免疫力も低下しなかったようだ。

逆に正常な認識の人が「がんだからもう長くない」と思うと、その思いが病状を進行させる面もあるのかと考えさせられた。

 重病の兆候があると自分で思い、気息奄々(きそくえんえん)と病院にたどりついたら、何の問題もないと診断され、嘘のように足取り軽く帰ってきた、という話も聞く。身体状態は気持ちひとつで天と地ほど変化するものだ。

もし重病だと思いこむ状態が続いていたら、本格的に身体を壊すのではないかと思う。

 子供は弟や妹が生まれると小児ぜんそくを起こしたり、かまってもらえないとけがをしたりするが、大人でも無意識の願望や思いで病気になることは少なくないようだ。いろいろな病気で入院しては「今度こそ死ぬ」と言い、死なずに何度もそれを繰り返す方がいる。

夫への不満を言えなくて病気の形で表現するというようなこともある。仕事ができないのは病気のせいという言い訳を作ってしまい、とても治りにくい方もいる。年配の方達は病気自慢をしあうことがある。そうなると病気はやめにくくなるのではないか。

このように私たちはいろいろな理由で病気を作り、重くし、本来持っている力を発揮しないで自滅していくことがあるようだ。全力で生ききる人生を求めるなら、発想を転換すべき点が多い。

 身体が本来持っている力はこの社会では過小評価され、健康不安をあおる情報ばかり多い。本欄でも述べてきたように、風邪や下痢や熱や痛みなどは健康な自己調整作用なので、不安に思わず、自分の身体はよく働いて偉いと信頼し、その作用が滞らないよう協力するとよいだろう。

身体への不信や不安をなくしてこそ、身体は本来の力を発揮できるものだ。

 持病のある人が、助けてくれる人のいない海外生活を始めたらすっかり治ってしまうこともある。病気だとかばってもらえるというような疾病利得をできるだけなくし、病気以外の楽しみが大きい生き方を各自が選び、環境をつくっていきたい。

(明治大学文学部准教授 平山満紀)

関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

情報 | 08:37:16 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
じんこさん、
ありがとうございます!
今度読んでみますね★
2013-02-07 木 10:02:02 | URL | [編集]
自分を愛して!―病気と不調があなたに伝える〈からだ〉からのメッセージ って本があります
病気や不調が送ってくるメッセージを私たちが理解した時、その病気や不調は治り始めるそうです

スピリチュアルな本です

クロママさん、興味あるかも・・・

病は 気から、あると思います
2013-02-07 木 08:49:29 | URL | j [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。