■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
抗がん剤後遺症
今日は風がとても強かったけど5km走れて爽快だった (^O^)
最近平日は3.5km、週末は5kmいけるようになった

仕事中は机に糊づけされていて、ほとんど歩かない
だから新鮮な血液がまわらなくて脳が壊死しちゃうんじゃないかって心配しちゃう^^
だから運動は必要
運動後は頭もスッキリ(*^^)v

しかしこう寒いと足も手も冷たくて、30分ぐらいのジョギングではたいして温まらない
それに走った後のお風呂につかると手足がジンジンして痛い^_^;

今日は走りながら去年の今頃、抗がん剤終了して始めて外を走ったときのことを考えていた
投与中は副作用で冷たい風があたるとのどがつまり呼吸ができなくなり
また皮膚の表面が痛かったから外を走るなんて全然できなかった
でも家で走れるようにトランポリンを買って、その上でジョギングをするように心がけた
ちっとも楽しくなかったけどね^^

軽い運動は副作用を軽減するとネットの記事で読んだし
普段から運動していたからやはり動かないと気持ちが悪いし
最低でも何か運動を続けたかった

抗がん剤の副作用の話はよく聞くけど、後遺症があるとは全然思いもしなかった

実はまだ抗がん剤が終わって1年以上もたつのに後遺症がまだある
神経へのダメージによる足の裏のしびれが残っていて感覚がない
気温が下がるとますますしびれる

でも今は投与中はのような痛みがないだけありがたい

このしびれはいつかなくなるのだろうか。。。




関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

抗がん剤 | 21:22:15 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。