■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
余命宣告
電車の中で 「僕の死に方 エンディングダイアリー500日」 の広告を見た
肺カルチノイドで亡くなった流通ジャーナリストの金子哲雄さんの本だ

Amazonのコメントを読んでいたらこんなことが書かれていた

「がんの余命告知というのは、大変に難しい問題だと思います。
がんの余命告知推進運動をしていた慶応病院の先生が、自らの余命を知らされ、
すっかり落ち込んでしまったそうです。
弟子たちは、先生は余命の告知推進運動をしてきたのだから、
先生に余命を伝えるしかないと考えたそうです。
慶応病院のその先生は、自ら推進してきた運動に懐疑的になって、亡くなったそうです。」


うーん、確かに余命宣告は難しい問題だと思う。
受け止める患者さんもいろいろな方がいて、性格も病状も状況も千差万別
当然十把一絡げにはできない

私が抗がん剤をやめるとき、「余命は半年」と言われたけどまだ生きてる

その時先生は
「はっきり言うけどあなたはステージ4だったんだから、
5年生存率も10%ぐらい。抗がん剤やめるならホスピスの予約をして。
ホスピスは混んでるから予約してから2-3カ月ぐらいかかるから。余命は半年ね。
抗がん剤をするとQOL(Quality of Life = 生活の質)が下がるなんて言っているけど、
2-3カ月後にはがんの痛みでどっちにしろQOLは保てないから」
と確かに "はっきり" 言ってた


私はその抗がん剤の先生とは合わない。性格的に。
だからもう二度と会いたくない

それが逆にバネになっているかも。


ところで5年生存率っていつの時点を基準にして数えるのかな?

金子さんの本も読んでみよう。
残念ながらまだ電子ブックにはなっていないようだけど。




関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

癌について思うこと | 10:45:54 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
でしょ~? じんこさん。
その先生がもし癌になって、同じこと言われたらどーなのよって思う^^
2013-02-19 火 09:19:26 | URL | [編集]
私も その先生だったら 性格あわないです!!

生存率のこと調べたら
がん患者が がん以外で亡くなっても
生存率のデーターにカウントされてるんですよ

けっこう いい加減~(*^。^*)

患者、あおるのやめてだよね~~
2013-02-18 月 08:36:14 | URL | j [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。