■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
最新の癌情報
Latest Cancer Information
TUESDAY, 22 DECEMBER 2009
from Johns Hopkins

<最新の癌情報>
今日目にしたネットの情報。最新と言っても2009年だから2年ちょっと前。
おもしろかったので転記します。自信ないけど簡単な和訳をつけました。
Google翻訳したら意味不明だったので^^

1.
Every person has cancer cells in the body. These cancer cells do not show up in the standard tests until they have multiplied to a few billion. When doctors tell cancer patients that there are no more cancer cells in their bodies after treatment, it just means the tests are unable to detect the cancer cells because they have not reached the detectable size.
誰でも体内に癌細胞がある。数十億単位に細胞分裂しないと検査で見つからない。お医者さんが治療後癌患者さんにもう癌細胞はありませんよ、といったらそれはたんに癌細胞が検査でみつかるサイズになっていない、という意味だ。

2.
Cancer cells occur between 6 to more than 10 times in a person's lifetime.
一生のうち6-10回以上の癌細胞が発生する

3.
When the person's immune system is strong the cancer cells will be destroyed and prevented from multiplying and forming tumors.
免疫システムが癌細胞より強かったら、がん細胞を破壊し、また癌細胞が腫瘍に形成されるのを防ぐ。

4.
When a person has cancer it indicates the person has multiple nutritional deficiencies. These could be due to genetic, environmental, food and lifestyle factors.
癌細胞があるということは、複合的に栄養素が欠乏しているということだ。それは遺伝的、環境的、食事と生活習慣などの要因によるものだ。

5.
To overcome the multiple nutritional deficiencies, changing diet and including supplements will strengthen the immune system.
栄養素の欠乏をなおすために、サプリメントを含む食生活をみなおし免疫システムを強化する。

6.
Chemotherapy involves poisoning the rapidly-growing cancer cells and also destroys rapidly-growing healthy cells in the bone marrow, gastro-intestinal tract etc, and can cause organ damage, like liver, kidneys, heart, lungs etc.
抗がん剤は癌細胞の急速な成長とともに骨髄、消化器官にある健康な細胞の急速な成長をも妨げる毒素を含み、また肝臓、腎臓、心臓、肺などの臓器にダメージも与える。


7.
Radiation while destroying cancer cells also burns, scars and damages healthy cells, tissues and organs.
放射線は癌細胞を破壊しているあいだに、やけど、きずや、健康な細胞、組織、臓器のダメージを及ぼす。

8.
Initial treatment with chemotherapy and radiation will often reduce tumor size. However prolonged use of chemotherapy and radiation do not result in more tumor destruction.
最初の抗がん剤と放射線治療は腫瘍のサイズを小さくすることができる。しかし、長期にわたる抗がん剤と放射線はさらなる腫瘍を破壊するという結果がでていない。

9.
When the body has too much toxic burden from chemotherapy and radiation the immune system is either compromised or destroyed, hence the person can succumb to various kinds of infections and complications.
抗がん剤や放射線による毒素の負荷が体にかかりすぎると、免疫システムに障害がおき、破壊され、よっていろいろな感染症や合併症になる可能性がある。

10.
Chemotherapy and radiation can cause cancer cells to mutate and become resistant and difficult to destroy. Surgery can also cause cancer cells to spread to other sites..
抗がん剤と放射線は癌細胞に突然変異をおこさせ、耐性ができ、破壊しにくくなる。また手術は癌細胞を他の部位へ転移させる可能性がある。

11.
An effective way to battle cancer is to starve the cancer cells by not feeding it with the foods it needs to multiply.
効果的に癌細胞と戦うには、がん細胞が増殖するための”エサ”を与えず”餓死”させることだ

WHAT CANCER CELLS FEED ON:
癌が必要とする栄養とは 

a.
Sugar is a cancer-feeder. By cutting off sugar it cuts off one important food supply to the cancer cells. Sugar substitutes like NutraSweet, Equal,Spoonful, etc are made with Aspartame and it is harmful. A better natural substitute would be Manuka honey or molasses but only in very small amounts. Table salt has a chemical added to make it white in colour. Better alternative is Bragg's aminos or sea salt.
糖分は癌のエサとなる。糖分摂取を減らすことは、がん細胞への重要な栄養源を断つことになる。アステルパームでつくられた砂糖代替品はNutraSweet, Equal, Spoonful など(商品名)があるが、これらは有害だ。マヌカはちみつ(マヌカ花のはちみつ)かモラセス(糖蜜)など自然な代替品の方がいい。ただしごく少量に限る。食卓塩は色を白くするために化学物質が添加されている。Bragg's aminos か海塩のほうがいい。

b.
Milk causes the body to produce mucus, especially in the gastro-intestinal tract. Cancer feeds on mucus. By cutting off milk and substituting with unsweetened soy milk, cancer cells are being starved.
牛乳は体内特に消化器官に粘膜を発生させる。癌細胞は粘膜をエサとしている。牛乳を控え、無糖豆乳に代えると癌細胞は餓死する。

c.
Cancer cells thrive in an acid environment. A meat-based diet is acidic and it is best to eat fish, and a little chicken rather than beef or pork. Meat also contains livestock antibiotics, growth hormones and parasites, which are all harmful, especially to people with cancer.
癌細胞は酸性環境で成長する。肉を中心とした食事は酸性なので、牛肉や豚肉より魚、少量の鶏肉の方がいい。肉類は人々特に癌患者に有害な家畜用抗生物質、成長ホルモンや寄生虫が含まれている。

d.
A diet made of 80% fresh vegetables and juice, whole grains, seeds, nuts and a little fruits help put the body into an alkaline environment. About 20% can be from cooked food including beans. Fresh vegetable juices provide live enzymes that are easily absorbed and reach down to cellular levels within 15 minutes to nourish and enhance growth of healthy cells.
80%の新鮮な野菜とジュース、全粒の穀類、種やナッツ類、少量のフルーツは体内をアルカリ性の環境にする。約20%は豆類をふくむ調理した食品。新鮮な野菜は15分で細胞レベルに届き渡り吸収され、健康な細胞の成長を助ける生きた酵素が含まれている。

To obtain live enzymes for building healthy cells try and drink fresh vegetable juice (most vegetables including bean sprouts) and eat some raw vegetables 2 or 3 times a day. Enzymes are destroyed at temperatures of 104 degrees F (40 degrees C).
健康な細胞を形成する生きた酵素を摂取するのには新鮮な野菜ジュース(もやしを含むほとんどの野菜)を飲み、生野菜を1日に2-3回食べる。酵素は40℃で破壊される。

e.
Avoid coffee, tea, and chocolate, which have high caffeine. Green tea is a better alternative and has cancer-fighting properties. Water--best to drink purified water, or filtered, to avoid known toxins and heavy metals in tap water. Distilled water is acidic, avoid it.
カフェインを含むコーヒー、紅茶、チョコレートを避ける。かわりに抗がん作用の性質のある緑茶のほうがいい。よく知られているように、毒素や重金属が含まれる水道水ではなく、精製水かろ過した水を飲む。蒸留水は酸性なので避ける。

12.
Meat protein is difficult to digest and requires a lot of digestive enzymes. Undigested meat remaining in the intestines become putrefied and leads to more toxic buildup.
動物性タンパク質は消化に多くの消化酵素が必要とされる。消化されなかった腸に残った肉は腐敗し毒素が蓄積される。

13.
Cancer cell walls have a tough protein covering. By refraining from or eating less meat it frees more enzymes to attack the protein walls of cancer cells and allows the body's killer cells to destroy the cancer cells.
癌細胞壁は頑丈なたんぱく質で包まれている。肉類の摂取を控えることにより、多くの消化に使われていない消化酵素が癌細胞のたんぱく質の細胞壁を攻撃し、体内のキラー細胞が癌細胞を破壊できるようにする


14.
Some supplements build up the immune system (IP6, Flor-ssence, Essiac, anti-oxidants, vitamins, minerals, EFAs etc.) to enable the body's own killer cells to destroy cancer cells. Other supplements like vitamin E are known to cause apoptosis, or programmed cell death, the body's normal method of disposing of damaged, unwanted, or unneeded cells.
サプリメントの中には(IP6(フィチン酸)Essiac(インディアンハーブ)、anti-oxidants(酸化防止剤、抗酸化)、ビタミン、ミネラル、EFAs(必須脂肪酸)など)体内のキラー細胞が癌細胞を破壊できるように免疫機能を高めるものがある。ほかにはビタミンEは細胞自然死をおこさせる、または細胞を死なせるようにプログラムすることで知られていて、また体は自然にダメージのあった不要な細胞を排出するようになっている。

15.
Cancer is a disease of the mind, body, and spirit. A proactive and positive spirit will help the cancer warrior be a survivor.
癌は心と体と精神の病気だ。積極的でポジティブな気持ちは癌と戦っている人をサバイバー(生還者)にする。

Anger, unforgiveness and bitterness put the body into a stressful and acidic environment. Learn to have a loving and forgiving spirit. Learn to relax and enjoy life.
怒り、いつまでも許さない気持ち、恨み、苦痛などはストレスにさらし酸性の環境にする。愛情あふれる許しの精神をもつようにしよう。リラックスして人生を楽しむことを学ぼう。

16.
Cancer cells cannot thrive in an oxygenated environment. Exercising daily, and deep breathing help to get more oxygen down to the cellular level. Oxygen therapy is another means employed to destroy cancer cells.
癌細胞は酸素を含む環境では生きられない。毎日の運動や深呼吸は細胞レベルへより酸素を届けることができる。酸素療法は癌細胞を破壊するもうひとつの手段だ。


関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

情報 | 23:13:34 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。