■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
CT は5mm幅
しばらくCT検査がないのでウレシイ(^O^)

ところで、CTは5mm幅で輪切りにしているとういうのをこの前の検査で知った

たとえば座高60cmで体幹(首から足の付け根まで)の検査だったら
60cm x100mm ÷5 =1200枚もの枚数を撮影していることになる

そう聞くとなんだかすごいけど、
でもちょうどその5mmの間にはまってしまった5mm以下の癌は発見されないということ

よく1cmの癌細胞になるのに10年かかると言われている
半分のサイズだから半分に見積もったとしても
発生から5年位たっていて、CTをとっても見つからない場合があるということだ

そうなると早期発見・早期治療というのはどの段階を指しているのだろうか。


また切り方によって小さくも大きくも見えることがある
丸いものの端っこの方を切れば直径が小さくなるし、ど真ん中を切れば最大になる

だから、この前のように

「せんせー、これ(以前からある疑わしい点)なんか小さくなった気がするんですけど」
「残念ながら気のせいですね~」

ということがおこるんだよね~ ^^



昨日3月11日で癌告知から丸2年たちました。

直腸癌摘出手術、両肺転移の両肺手術、抗がん剤用ポート埋め込み手術
抗がん剤半年8クール、右肺再発区域6全摘出手術。

がんばったなぁ、私。

そして、家族と友人の暖かいサポート。


なんか、もう治った気がする。

違う違う、治ったことにする!


今のY先生は来年大学に戻ることになっている

前の先生にはお世話になりたくないから
今年中に治ったことにしなくちゃ (^O^)





関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

検査 | 20:21:02 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。