■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
米国でがん生存者増、今後10年で1800万人に
【3月29日 AFP】

米国でがん生存者の数が増えており、10年以内に1800万人に達するとの予測を27日、米がん学会(American Association for Cancer Research、AACR)が報告した。AACRによると、この数字は前回2012年1月に発表された1370万人から30%増となる。

 がん生存者の増加が予測されるのは主に人口が高齢化するからで、2020年までに米国のがん生存者の3分の2を65歳以上が占めるようになるという。こうした傾向は医療業界にとって新たな課題であり、また長生きする生存者にとっては他の健康問題を抱える可能性が懸念される。

「生き抜いたがん患者が、単に長く生きるだけでなく、健康で生産的な人生を送れるようにすることが、私たち全員にとって非常に重要な課題だ」と米国立がん研究所(US National Cancer Institute)がん生存者室(Office of Cancer Survivorship)のジュリア・ローランド(Julia Rowland)室長は述べている。

 AACRの報告によれば、がん生存者の22%は乳がんにかかった女性患者、20%は前立腺がんにかかった男性患者だった。一方、肺がん患者はわずか3%だった。(c)AFP

関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

情報 | 11:51:13 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
じんこさん、ありがと~e-419
時間のあるときゆっくり読んでみますね~!
2013-03-31 日 17:40:28 | URL | [編集]
がんって、不思議な病気ですね

ママ~、この先生のブログが 私 好きです
良かったらみてください

http://ameblo.jp/miyazakigkkb/
2013-03-30 土 20:38:26 | URL | じんこママ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。