■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
死後のデータ管理もお任せ!
Googleが死後にデータを譲渡・削除できる「アカウント無効化ツール」を提供開始!
Rocket News 24

自分の死後、ネット上に残した大切な書類や写真といったデータをどう処理したいか、考えたことがあるだろうか? SNSの普及などによって、オンライン上の個人情報が莫大に増えた今、死後の個人データ管理は多くの人が関心を寄せるテーマだ。

そんな中、Googleが「自分の死後のアカウントを管理できるページ」開設した。この「アカウント無効化ツール」を使用すれば、アカウントがしばらく利用されていない状態が続いたときの管理方法を設定でき、家族や信頼できる友人などにデータを共有することも可能だ。
 

・「タイムアウト期間」を3カ月〜1年の間で設定
アカウント無効化ツールの設定方法はシンプルだ。まず、Googleが「アカウントが長時間使用されていない」と判断するための「タイムアウト期間」を3カ月、6カ月、9カ月、1年の中から選択する。なお、このタイムアウト期間が過ぎる1カ月前にはユーザーの予備のメールアドレスか携帯にアラートメッセージが届く仕組みになっている。
 
・信頼できる友人や家族など最高10名の連絡先を設定
次に、タイムアウト期間が過ぎたときにGoogleが代理でメールを送る連絡先を設定する。信頼できる友人や家族など、最高で10名設定可能。この際、オプションで「データを共有」することを選ぶとGmailのメール、YouTubeのファイル、ドライブに保存されているファイル、ブログなど、Googleアカウントに関連したデータのうちどれを共有したいか設定することができる。
 
・タイムアウト期間を過ぎると設定した相手にGoogleから通知が届く
実際にタイムアウト期間が過ぎると、設定した連絡先にGoogleからアカウントが長時間使用されていない旨のメールが届く仕組みになっている。信頼できる連絡先にデータを公開することを選んだ場合は、公開対象のデータの一覧と、ダウンロードするためのリンクも共に通知される。

もちろん、データを誰とも共有せず、タイムアウト期間が過ぎた場合にはアカウントそのものを削除するという選択も可能だ。
 
なお、現時点では日本からは利用できないようだ。海外のユーザーからは「こういう機能が欲しかった!」と今回の新機能を評価する声が多く上がっている。日本のユーザーも近々利用可能になることを期待したい。


iam_intro.jpg


Plan your digital afterlife with Inactive Account Manager
Thursday, April 11, 2013 at 12:05 PM ET
Posted by Andreas Tuerk, Product Manager

Not many of us like thinking about death — especially our own. But making plans for what happens after you’re gone is really important for the people you leave behind. So today, we’re launching a new feature that makes it easy to tell Google what you want done with your digital assets when you die or can no longer use your account.

The feature is called Inactive Account Manager — not a great name, we know — and you’ll find it on your Google Account settings page. You can tell us what to do with your Gmail messages and data from several other Google services if your account becomes inactive for any reason.

For example, you can choose to have your data deleted — after three, six, nine or 12 months of inactivity. Or you can select trusted contacts to receive data from some or all of the following services: +1s; Blogger; Contacts and Circles; Drive; Gmail; Google+ Profiles, Pages and Streams; Picasa Web Albums; Google Voice and YouTube. Before our systems take any action, we’ll first warn you by sending a text message to your cellphone and email to the secondary address you’ve provided.

We hope that this new feature will enable you to plan your digital afterlife — in a way that protects your privacy and security — and make life easier for your loved ones after you’re gone.

関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

情報 | 09:10:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。