■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
4歳の実の娘に抗がん剤
オーストラリアの冷酷な母は、お金を集めるために実の娘に故意に抗がん剤を与え起訴された

little girl 2


クイーンズランド州ゴールドコーストの病院で肺の感染症で入院している4歳の女の子は、
抗がん剤を定期的に与えられていた
今度はその女の子の22歳の母親が、インターネットで購入した抗がん剤を娘に
10カ月もの間与え続けた重傷害の罪で拘留されている。

警察は、母親がFacebook上で娘は珍しい病気にかかっていて重症だと書き込み、
慈善募金のためのページを立ち上げている

母親はブリスベンの裁判所に現れたあと、再度拘留所に戻された
担当医たちは女の子の不可解な病気に惑わされ、骨髄移植のドナーを探し始めた。

母親は「もし6カ月以内に骨髄移植がされず娘が回復しないで死んだら、娘は埋葬しない」
とFacebookに書き込んだ。
母親のページには7000人のフォロワーがいる。
またおもちゃや寄付を送りたい人のために募金用の別のサイトを立ち上げていて、
すでに何人かは女の子のためにお金を送っていた。

担当医は最初に白血病か自己免疫疾患の可能性があると母親に伝えたが、
そうでないとわかったので女の子はよくなるだろうと期待されて家に帰ることができた。

しかし数週間後の2月、女の子は病院に戻され発疹のようなあざや鼻や歯茎からの出血が始まり、
死と闘っていた。

母親のゴールドコーストにある慈善チャリティーにいた女性は、事実を知ってショックを受けた
一人の女性は、クリスマスに女の子が外で遊んでいるのを見ていて、
「私たちは女の子が白血病だと聞いていたの。かわいそうに」

別の近所に住む女性は「彼女は娘の病気があまりにもひどいので、
クリスマスのパーティーにひとつも参加しないと言っていたわ。本当にショッキングだわ」

女の子はまだ危篤の状態にあり、ブリスベンにあるロイヤル小児病棟に入院している。
母親は5月20日の裁判まで拘留される。

little girl


Woman Poisons Her Four-Year-Old Daughter For Money
Posted by: foluso on April 14, 2013

A heartless mother in Australia has been charged with deliberately feeding her daughter anti-cancer drugs as part of an internet scam to raise money.
The little girl, aged four, is fighting a lung infection in hospital on the Gold Coast of Queensland after being systematically poisoned for months with chemotherapy drugs.
Now the girl’s 22-year-old mother is in custody charged with inflicting grievous bodily harm over a 10-month period with medication she purchased over the internet.
Police revealed the mother had posted a fund-raising page on Facebook, telling people her daughter was ‘extremely ill’ and claiming her daughter had a rare illness.
She was remanded in custody after she appeared at Brisbane Magistrates’ Court.
Doctors baffled by the toddler’s mysterious illnesses had begun looking for a bone marrow donor and the woman posted: ‘If nothing changes she will be dead in six months without a transplant… I WILL NOT BURY MY DAUGHTER!!! Xx’
Some of the mother’s 7,000 followers had already sent money to help the sick girl. She set up a donations page on a separate website, where people were asked to send toys as well as money.
The Facebook page also detailed the mother’s fundraising efforts and provided information for people wanting to send cash or toys.
Doctors initially told the mother her daughter could be suffering from leukaemia or auto-immune disease, but after she was cleared, the girl was sent home in the hope she would recover.
But weeks later, back in February, the girl was back in hospital fighting for her life after she broke out in rash-like bruises and was bleeding from the nose and gums.
The woman’s neighbours at a women’s charity shelter complex on the Gold Coast were shocked to find out the truth.
One woman said she had seen the girl playing outside at Christmas: ‘We were all told she had leukaemia and we all felt sorry for the poor little thing.’
Another female resident said: ‘She did not join in any of the parties as Christmas because she was too ill. This is a shocking thing.’
The little girl remains in the Royal Children’s Hospital in Brisbane in a serious condition. Her mother will remain in custody until she appears in court again on May 20.
Source: Dailymail
関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

情報 | 07:18:56 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。