■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
Makes me think 3
おそらく癌で声帯を切除したと思われる女性が今日、私の手話のクラスに入った。
彼女はもう声に出して会話ができないので、意思疎通ができるようにと彼女のご主人、
4人のお子さん、2人の妹さん(またはお姉さん)、弟さん(またはお兄さん)、
ご両親、そして仲のいい12人の友達も全員一緒に、同じ手話クラスに入った。
(手話クラスの先生の投稿)

Today, a woman who must have her voicebox removed due to cancer is enrolled
in my sign language class.
Her husband, four children, two sisters, brother, mother, father,
and twelve close friends are also enrolled in the same class
so they can communicate with her after she loses her ability to speak aloud.
MMT


今日、手話のクラスに入った。
私は6カ月前に珍しいタイプの咽喉癌により声帯を失っている。
驚いたことに、家族全員と友達12人も同じ手話のクラスに入った。
「以前のようにみんなで話ができるようになりたいから、私たちも手話のクラスに入ったのよ。」
(癌を患ったご本人の投稿)

Today, after I lost my larynx due to a rare form of cancer 6 months ago,
I enrolled in a sign language class.
To my surprise, my entire family and twelve of my friends enrolled too.
They all said the same thing, “We’re in this together, and we want to be able to
communicate just like old times.”
MMT



私もこの病気になってから特に、いろいろな方から温かいサポートをしていただいています。
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。



関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

癌について思うこと | 08:24:37 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。