■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
低用量ナルトレキソン
低用量ナルトレキソン


カタカナに弱い私は、この名前がちっとも覚えられない^^
2004年にアメリカのFDA(米国食品薬品曲)の認可がおりているアルコールや
麻薬中毒の治療薬だそう

アルコール中毒用には高用量で使用するナルトレキソンを
低用量で使用すると自己治癒力が高まり、癌や自己免疫疾患に効果があるらしい。

「ナルトレキソン」とGoogleで検索をかけると、
"副作用のない癌治療薬"としていろいろなクリニックがヒットし、効能をうたっていて
いかにも効果があって魔法の薬ぐらいのことが書いてある


でもそんなにいいなら、なぜ日本で認可になっていないのか気になるし
ネットの説明を読んでもよく理解ができないので
近場のクリニックに行って、説明を聞きに行くことにした
ネットで個人輸入もできるようだけど、ビタミン剤のサプリとはちょっと違うからね。


英文のWikipediaの低用量ナルトキソンについてこんなことが書いてある
(なぜか日本語版Wikipediaにはナルトレキソンは書かれていない)

Low-Dose naltrexone
Although there have been dramatic claims about its efficacy in treating a wide range of diseases including cancer and HIV, these claims are not generally supported by scientific evidence.[14] This treatment has gotten significant attention on the Internet, especially through websites run by organizations promoting its use.[18]

低用量ナルトレキソンの効果について、癌やHIVなど広範囲の病気に効くと
劇的に宣伝されているが、実際にその効果については科学的な根拠による裏付けはない。
この低用量ナルトレキソン療法は、特にその効能について宣伝している組織のサイトを通して、
インターネット上で大きな注目を集めた。

"Low dose naltrexone" (LDN) describes the "off-label" use of naltrexone at low doses for diseases not related to chemical dependency or intoxication, such as multiple sclerosis.[14] Preliminary research suggests low dose naltrexone may be useful in preventing opioid tolerance and dependence when combined with an opioid,[15] reduce the severity of opioid withdrawal,[16] or improve fibromyalgia symptoms,[17] though much more research needs to be done before it can be recommended for clinical use.

低用量ナルトレキソンは、多発性硬化症(multiple sclerosis)などのように、
化学物質に依存または中毒に関連しない病気に対して使うFDA認可がおりていない使用法("off-label")である。
予備調査によると、低用量ナルトレキソンは、オピオイド耐性の予防及びオピオイドと結合した時の
重いオピオイドの禁断症状や繊維筋痛の症状を緩和する効果があるかもしれないと言っているが、臨床用ととして推奨される前に、もっと研究がされている必要がある。


ということは、アルコールなどの依存症でなく、低用量での使用は
アメリカでも認可されてないってこと?
まぁ効果があれば認可なんてどうでもいいのかもだけど。
とにかくやっぱり、全然わからないので聞きに行こう




ナルトレキソンに興味を持ったのは薬代が安いこと
1カ月に1~3万円程度の薬代なので、捻出できない額ではない

例えば高濃度ビタミンC点滴もいいらしいが、1回1万円、週に3回だし
免疫療法は12回1クールで約400万、なかにしさんの重量子も約300万。
費用対効果も考えなければならないし、実際どんなによくても400万は手がでない。


というわけで、13日(月)に予約したので、聞いたら情報をアップしますね★
受身の待ち状態ではなく、ちゃんと行動してるから心配しないでね~


ps
情報提供してくれたじんこさん、ありがとう(^O^)
関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

情報 | 23:38:00 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
じんこちゃん
追加で英文のWikipediaも調べてみたの。
FDAの認可がおりていないこと、科学的な裏付けも
とれていないようなので、先生に詳しくきいてみるね!
2013-05-02 木 01:15:01 | URL | [編集]
mamaちゃん、良かったです

嬉しいです

肩もみでも マッサージでもしますからね~(●^o^●)
2013-05-01 水 23:49:46 | URL | じんこ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。