■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
全てのことは必要で必然
「この世に起こることは全て必然で必要、そしてベストのタイミングで起こる」


松下幸之助の名言・格言のひとつだ。


人生にはおもしろくないことがたくさん起こる。
それは全て自分に責任がある。
何かを気づかせるために起こるということを知っておいたほうがいい。


たしかにそうだな、と思えるところがあった。

私はあの大震災のときに癌宣告をされた。

けど、自分がかわいそう、とかそんなおセンチなこと
思っている余裕はなかった。



電話も電気もつながらない。
余震も続く。
寒い。
食料品も手に入らない。
水もない。
トイレットペーパーも買えない。
放射能も心配だ。


唯一電気がつながってインターネットが見れるようになった。


ネットで見る津波
被災地の様子


多くの方が亡くなったニュースを見るたびに胸が張り裂けそうになる。

自分のことなんて、どっかにいってしまった
でもそれでよかった


GWにはボランティアで被災地に行く人が多かった
すぐにでも手術の連絡があるかもしれないので
自分は行けない

何も動けない非力な自分をうらんだ


もしこれが日常のある1日に癌宣告を受けたら
受け止め方がもっと違ったのだろうか



関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

元気がでることば | 13:39:16 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。