■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
術後・治療中マーク うさポン
術後・治療中のあなたのために・・・

術後・治療中マーク うさポン製作委員会のホームページです。
術後・治療中の電車、バスなどの公共機関で座れずに困った時ないですか?
または優先席に座ったら「若いのが何座ってる」というような目で見られた事はないですか?

マタニティーマークは病気ではない。でも席を譲ってもらえたりするのに、
病気の人は譲ってもらえないの?
でももし 目で見て、「この人は何らかの疾患を抱えて辛いのだ」
と、分かれば譲ってくれる人もいるかもしれない。

それをバッグに着けたりして見やすく、
分かりやすく周囲に伝える事ってできないかな?
と、考案したのがこのマークです。

いつも何かしてほしいわけではない。
でも困った時に助けてって言いやすかったりしたらいいんじゃないないかな?

バッジを持つという選択肢が一つ増えた。というスタートです。

始めたばかりですので色々ご意見はあると思いますが、
皆様のご意見と共に少しづつ前進できればと思います。

術後・治療中マーク うさポン


usa.gif


私は直腸癌摘出手術+両肺手術を約2カ月の間にした
もちろん、それぞれの手術の後2週間で職場に復帰した
また抗がん剤治療中も倒れる寸前の思いで通勤していた

私、真剣に "マタニティー・バッジ" をつけようと思ったの
でも年齢的にちょっと無理があるかも ^_^; だよね。

ちょうどそのころ「母が51歳で妊娠した」というテレビドラマをやってたので
「大丈夫よ~♪ つけてみたら?」と同室の方から(^O^)
ちなみに私は47歳になった翌月だった

その時このバッジがあったらと思う

ps
男性はつけにくいかも?




関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

情報 | 07:00:53 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。