■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
低用量ナルトレキソン ①
更新できず、ごめんなさい。
月曜日に低用量ナルトレキソンについて情報を仕入れに行って来た
この情報をアップするのに時間がかかりそうで、平日書けなかった。


結論から言うと、ネット上で集めた情報とおおよそ同じ、目新しい情報はなかった

化学式や難しい用語ばかりでよくわからなかったので説明を聞きに行くのが目的だったけど
結局そのあたりは割愛した説明だった
小学生に医大生が勉強している内容を説明しているような感じになっちゃうからね^^


<低用量ナルトレキソンの効果>

今まで高用量ナルトレキソンは麻薬中毒やアルコール中毒患者に使われていたとのこと。
麻薬やアルコールが脳内物質(オピオイド受容体)と結合してもたらしていた気持ちよさ。
それをナルトレキソンがオピオイド受容体との結合をブロックするために
麻薬やアルコールを摂取しても気持ちよさがえられないということらしい。

低用量のナルトレキソン(高用量の約1/10で5mg)を摂取(口径)すると、
摂取量が少ないためにオピオイド受容体を24時間ずっとブロックできるのではなく、
7時間しかブロックできないらしい。
すると代償機能というのが働き、気持ちよさをもたらすエンドルフィンや
メチオニン・エンケファリンという脳内物質が増産されるんだって。

その仕組みはこちらを参考に。
「オピオイドが受容体と結合、なんとかがどうかしてこうなった。。。」私には理解不能でした^^


とにかく、エンドルフィンは鎮痛・抗ストレス・免疫力増加、メチオニン・エンケファリンは
モルヒネ様の鎮痛効果・がん細胞増殖抑制効果がある

つまり、抗がん剤のように直接がん細胞を攻撃するのではなく
免疫力や自己治癒力をあげることにより、結果がん細胞がなくなる/増殖が抑えられる
というもの

気持ちいいと感じられることをすれば、エンドルフィンやメチオニン・エンケファリンがつくられる
それをナルトレキソンを使ってもっと出しましょう!という感じみたい

ちなみに「脳内麻薬の出し方」というサイトを見つけたので参考までに

エンドルフィンは多幸感により脳を活性化し、老化を遅らせる(アンチエイジング)の
効果もあるらしい 

むむむ、アンチエイジングということばに反応してしまったぞ^^



<低用量ナルトレキソンの副作用>

鮮明な夢を見るらしい。
でも、服用開始から1週間程度でなくなる
必要に応じてメラトニンなどの睡眠導入剤を処方する

以前は夜飲んだ方が効果があると思われていたが、最近では朝飲んでも夜飲んでも
効果はあまりかわらないということがわかってきたので、標準で朝飲むようになってきた

また、そのクリニックではリウマチの患者さんが摂取したら、左半身がしびれる感覚があったので、
使用を中止してもらった、とのこと
-ナルトレキソンはいろいろな病気に効果があると言われている
 たしかに免疫力があがれば、自己治癒力もあがり、病気も治るのだろう

副作用は個人差があるので、飲んでみて副作用が現れたら中止するというものらしい



<価格>
3mgで30個入りで1カ月¥13,000
(ほかに1.5mg、4.5mgもあるが、患者さんによって処方量が異なる)

ちなみにインターネットの個人輸入では、$54.99(4.5mg)
送料は$25~35、購入できるのは2個まで、¥16,000を超えると関税が発生。

ざっくり計算して個人輸入は半額。でも3mgじゃないから、こちらは私には不適合だけど。

今回の自由診療の代金は¥5,000
またもしナルトレキソンを購入したいと思ったら、電話して送ってもらうことも可能だそう


<低用量ナルトレキソンが使えない患者さん>

* 麻薬や合成麻薬を鎮痛目的に利用している方は、鎮痛効果がなくなってしまう
* インターフェロンや免疫抑制剤を使っている方は、相互の有効性が相殺されてしまう
とのことです



こちらも参考に
内因性オピオイド(脳内麻薬)を増やすがん治療


関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

低用量ナルトレキソン | 09:38:58 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。