■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
知らないお医者さん ^_^; の判断
ある機関に提出する書類があり、それに添付が要求された詳細な診断書を以前
主治医のY先生に作成してもらった

私の今までの病気の経緯は

①最初の診断(2011年3月) : 直腸癌ステージ4、肺転移ステージ3
②治療の経緯 : 直腸摘出手術(2011年5月)、両肺手術(2011年6月)
           抗がん剤(XELOX)を8回(2011年7月~12月)
その後定期的にCTをとり経過観察
③再発 : 肺に再発が認められ右肺区域6摘出(2012年11月)
その後定期的にCTをとり経過観察
④再発(したと思われる)(2013年4月)→要観察

となっている(診断書上は③まで)


その提出先機関の担当者から私に連絡がきた
最初の診断と治療の経緯、年齢なども加味して判断した結果、
私は今後も更に手術と治療が必要になろうだろうと思われる、とのこと

そっかぁ、第三者が見ても私は今後、再発・手術・抗がん剤になるだろうと見込まれてるんだ

あ、でも、一般的に直腸癌ステージ4は5年生存率は11.1%などと言われているから
逆に言えば、約90%の人が再発・死亡するのだから、上記判断は当然と言えば当然だ


でも、まずは私と会ってからそういう判断をしてほしかったなぁ
だって、ふつーに元気なんだもん(*^^)v


あまりにも元気なんでなんだか最近、この前のCTに写ってた5mm程度のもの、
あれは鼻クソのような気がしてきたし^^

だって、CTとる時 「大きく息を吸って、はい、とめてください」と言われるから
つい運動してること自慢したくなり、肺も他の人より大きいんだからって見せびらかそうと思い
まわりが酸欠になるぐらい大きく息を吸っちゃって
鼻の穴に浮遊してた鼻クソまで吸いこんじゃったんだと思う^^

今度、撮影前はちゃんと綿棒使って鼻の穴、きれいにしとこうっと^^







テーマ: - ジャンル:心と身体

経緯 | 21:05:27 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
うん、絶対思う!
2013-06-08 土 21:01:43 | URL | [編集]
mama、身体の中のこと よくわからないね(●^o^●)

だって見た目元気だもんね

誤診でしたと言われたら

やっぱり~~~って思いますよね(^-^)
2013-06-03 月 08:40:08 | URL | じんこ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。