■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ライフ・レッスン
死の床にある人たちが教えてくれた意外なレッスンのひとつは、
致命的な病気の宣告をうけたときに人生がおわるのではなく、
そのときに人生がほんとうにはじまるのだということだった。

死の宣告をうけたときに真の生がはじまるのは、死をリアリティとしてみつめたとき、
同時に生のリアリティをみとめざるを得なくなるからだ。

その人は自分が「まだ生きている」ことに気づく。

いま自分の人生をいきなければならないこと、
いま生きるべき人生はこれしかないことに気づく。

ようするに、死にゆく人たちが教えてくれる第一のレッスンは
毎日をフルに生きるということなのだ。


エリザベス・キューブラー・ロス
「ライフ・レッスン」



ある方が紹介してくださった緩和医療医の大津秀一先生
その先生のブログを見ていたら、決しておしつけがましくなく、
控えめながら説得力のある文体がとても気にいったので
大津津先生の本が読んでみたくなり早速 「死ぬときに人はどうなる 10の質問」 を購入

最初数ページをめくったところにあった「ライフ・レッスン」からの引用された部分が
とても印象的だったので転用した


まさにそこに書かれているとおりだと思う
だけどなかなか「毎日をフルに生きる」のは難しい
ダラダラして1日があっという間に過ぎてしまうこともしょっちゅう ^_^;

漠然としてた「死」が実はもっとすぐそこにある、ということに気づかされるような
致命的な病気の宣告をうけたにもかかわらず、だ。

だめだね~ ^_^;





関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

癌について思うこと | 06:12:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。