■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
人はどんなふうに死んでいくのか
大津秀一先生の「死ぬときに人はどうなる10の質問」から

Lynn J は死に至るまでの経過を次のように分類している

lynn J


上から

①比較的長い間昨日が保たれ、最後の2カ月ぐらいで急速に昨日が低下するタイプ
代表例: がん

②急性増悪を繰り返しながら徐々に機能が低下し、最後には比較的急な経過。
代表例: 心疾患や肺疾患の末期

③機能が低下した状態が長く続き、ゆっくりと徐々にさらに機能が低下していく経過
代表例: 認知症や老衰

(横軸:時間 縦軸:機能)

がん患者の場合、余命が数日になると、会話や応答の障害あらわれ、
テレビや映画のように最期の瞬間に "I love you" などと会話を交わすのは
ほとんど不可能らしい

聴覚は最期まで保たれると言われているので、耳元で優しく語りかけたり
手を握ったり、患者さんの死出への旅を安らかなものにする

一方「葬式の準備をしなくちゃ」「先生、あとどれくらいですか」とか
患者さんに聞こえている可能性があるので、デリケートな話題は他の部屋で話した方がいい


①のがん型の場合「悪くなるときは早い」という特性があるので
何かしようと思って様子を見ているとタイミングを逃すことが少なくないそう

つまり、緩和医療を受けている場合など、今が一番いい状態にあるとも言えるので
それ以上に改善(例えば運動機能や摂食機能など)し、したいことをするというのは難しい



関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

情報 | 06:59:35 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
じんこちゃん
私もこの本を読んだ時、そう思いました。
2013-07-11 木 07:25:23 | URL | [編集]
勉強になりました

2013-07-10 水 22:23:00 | URL | じんこ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。