■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
CTの結果
前回の4月から3カ月弱後の先週のCT

他の臓器などへの転移はなかったものの、左肺に2個(8mm,7.2mm)と
右に1個(10.5mm)は、4月に比べて大きさが倍になった

そこで今後については、

①抗がん剤 
 治療ではなくがん細胞が大きくなるのを一時的に押さえる
 副作用は説明する必要ないぐらい

②手術 
 手術後再発の可能性があることを承知でうける
 手術可能か肺機能・心臓の検査及び脳に転移がないかCTをとる
 右の1個は深いところにあるので、右肺の中葉を全部摘出になる可能性大
 左側は今までのように、くさび形にとってくる
 手術できるサイズとしては、そろそろ限界にきている(これ以上大きくなったら手術できない)
 そうなった場合、抗がん剤投与し小さくなってから手術をするということもできるかも 

③RFA(ラジオ波焼灼・ラジオはしょうしゃく) → 他院紹介
 細い針をがん細胞まで刺し、電気を通してがん細胞を焼く
 手術前日と翌日を含め3日間の入院ですむみたい
 保険適用

④経過観察 → 2カ月後にCT


という選択肢を与えられた

いずれにしても、26日(金)に肺機能・心臓の検査、脳のCTをとって
その結果とRFAの詳細を説明してもらうことになっている


どれが一番正しいか、というのは先生にもわからない。

もう他に出てこないのなら、がん細胞をとってくる手術が一番
だけど、手術後合併症や感染症など、リスクは伴う

去年の11月の肺手術では「1個だから取りに行く価値はある」と
それに懸けて受けたが、結果としては半年後にはもう3個できてる
だったらサイバーナイフにしとけばよかったなぁ

またRFAも実はサイバーナイフを調べたときに情報としてはみつけていた
ただ針を刺すので、乳がんなどにはむいているが肺の場合は空気が漏れるという
後遺症が発生する場合があると書いてあった
RFAは高熱で焼くが、たしか反対に冷やす(冷凍?)のも見た覚えがある
そんなんで、病院に出向いて詳細を聞くことはしなかった


例えばこのまま放置プレイをしたらどうなるか。
がん細胞が5cmぐらいになったら(多分あと半年ぐらい)
息が苦しい、インフルエンザや肺炎になりやすいなど自覚症状や問題が現れるそう


先生に聞いてみた

「手術や抗がん剤など、試したとしても行きつく先は遅かれ早かれ同じなら
何もしないというのもありですよね。」

「でも手術なら、可能性は低いかもしれないけど、とってしまってから
再発しないという道があって、そのチャンスをこじあけることができるかもしれない」

なるほどね。
そういう考えもあるよね。


いよいよ進む道が限られてきて、しかも、そう長くなさそうだ


関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

検査 | 10:23:40 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。