■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
RFA (ラジオ波焼灼)
RFA (ラジオ波焼灼術)について (ラジオはしょうしゃくと読むそう)


岡山大学大学院のページに詳細があった

CTを使いながら細い針をがん細胞まで刺し、電気を通してがん細胞を焼く
電極針 岐阜大学がんセンター

電極針
釣り針みたいだけど。。。^_^;



RFA.jpg
NTT関東病院

電気が怖いので、こんなのがつけられた段階で心臓バクバクだね~


手術に比べて患者への負担が少なく、3日間ほどの入院ですむ
岡山大学大学院のページでは保険適用となっていないので40万とあるが
他のページでは2004年から適用になっていて10万~12万ほどとある
* 軽く言ってるけど、大金だよね~


安全性では空気が漏れる(気胸)が約50%にみられ
うち10%は注射器での吸引で回復し、10%は管の挿入が必要だった
残り80%は何もしなかったそう。



しかし、3連休にこんなことネットで調べて
もったいない時間の使い方だなぁ。。。




関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

RFA(ラジオ波焼灼) | 12:25:47 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。