■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
死ぬときに後悔すること
死ぬときに後悔すること

Facebookより

大津秀一先生の「死ぬときに後悔すること25」を読んだ



4.治療の意味を見失ってしまったこと
(抜粋)
長生きや健康は生きる最高の目的ではなく手段であると思う。
完全治癒しない進行したがんの場合、
治療の目的はできるだけ長く生きられるようにすると同時に
病気による苦痛や抗がん剤の副作用に苦しむことが可能な限りないようにする。
治療を続けていたらいつの間にか死期が迫っていた、このような後悔を訴える人が少なくない。
延命に終始することなく、最後の重要な時間に自己実現する機会を得ることにより
後悔が少なくなるだろう


自己実現とは
「人が自己の内に潜在している可能性を最大限に開発し実現して生きること」
Wikipediaより



「がん」患者は再発・転移という恐怖にいつもさらされている
またあるラインを越えるといっきに悪化する

子供のときの夏休みの宿題と一緒で、最後の最後にならないとできなかった私。
自己実現も同じかな?^_^;

でもそんな難しいこと、できるのかなぁ?
そもそも潜在している可能性なんてあるのかな?
火事場の馬鹿力的にに見つけられるものなのかな?
しかもそれを開発・実現するなんて。。。






関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

元気がでることば | 05:16:41 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。