■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
Oh! No! ではなかった ^_^;
昨日初めての脳CTと、手術に備えた心肺機能測定をしてきた

まず肺活量は3350ccで、これは女性最高平均値2800cc(18~22歳)より多く
去年区域6を摘出したので50ccほど少なくなったものの、余裕でクリア(^O^)
心拍数も59で”スポーツ心臓”と認定されお墨付きの体力(*^^)v
イエーイ!

肺機能検査、実は結構たいへん!
口からはみ出そうなシリコンのマウスピースをくわえ、鼻は洗濯バサミでとめられる

もう限界まで吐いて、そこから更に「吐いて、吐いて、吐いて~~~肺をぺしゃんこにして~」
今度は「吸って、吸って、吸って~もっと吸って~!」
「はいっ!そこから思い切り吐くっ!!!」とこんな感じ

肺機能
肺機能検査システム



脳CTは何か特別な撮り方をするのかと思ったけど、
普段撮っている体幹(胴体部分)と同じ装置で、足から入るところ頭から入っただけ
頭が左右に動かないように、耳の下あたりに三角形のスポンジが挟み込まれ
ヘアーバンドでひたい部分を固定しただけ

なんだぁ、こんな簡単だったならいつものCTの続きでできそうなのに、と思っちゃった


結果はとりあえず大丈夫だったよ
もし脳転移があったら、脳だけに「Oh! No!」と言おうと思ってたんだけど^_^;
なので、あと半年でどうこうなるということはなさそう

ちなみにCTの画像を詳しく見て、病気があるかないかや病状を見ることを
"読影(どくえい)" と言うそう
今回撮影してすぐ担当の先生が見ただけなので、専門家の読影はまた後からされるとのこと

ざっと見て途中目玉が写ったりしてて、ちょっとおもしろかった
自分では脳のしわが少ないなぁと感じたので先生にも聞いたけど
脳内に空洞がないという説明をさらっとしてくれただけだった


でもちょっと思ったのが、たとえ何らかの治療がされて見た目はよくなったように見えても
今後も「検査」→「緊張して結果を聞く」というセットがずーっと行われ
いつもいつも「再発」「転移」に怯えながら一生過ごすのかと思うと、
なんだかいまいち気持もぱっとしないよね~^_^;
この「緊張して結果を聞く」というのも、結構なストレスになるんだよね。

毎日毎日は仕事があるし、朝は走ったりと、そんな事を考える時間は全然ないから大丈夫だけど。
まぁ、その一生もあと数年かもしれないんだけどね。

そういうこと考えると、いっそ検査もやめちゃおうかなって気持ちもよぎる


関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

検査 | 15:29:28 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
うん、検査のたびに心配してたら、かえって体に悪いと思う ^_^;
2013-07-28 日 16:21:28 | URL | [編集]
やっぱり、気持ちが同じなんですね^ - ^

気持ちが、疲れます(; ̄O ̄)
2013-07-28 日 13:02:28 | URL | じんこ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。