■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
RFA (ラジオ波焼灼) - 2
今後について担当のY先生と26日(金)の相談

手術はがん細胞を取り除くという意味では一番いい方法だが
がん細胞だけでなく健康な細胞までも取ってこなければならない
つまりいつかもうこれ以上手術できないという限界がくる
また、手術後の合併症などのリスクは常についてくるし
体力(私の場合は考慮する必要ないけど)も必要

抗がん剤はしたくないんですよね?

またあと2カ月ぐらい様子見をしてCTをとるというのも
だましだましできなくもないが、何もしないでいるというのも後々後悔したくない

なら、ラジオ波焼灼について説明だけでも聞きに行く価値はあると思う、とのことで
先生は紹介状を用意してくれていた(いま通っている病院ではできないので)
私もそれについては納得した
自分で直接先生にあって説明を聞いた上でどうするか決めればいいから

紹介状がある患者さん用の電話番号をもらったので電話してみた

「セカンド・オピニオンですか? それとも診察でのご予約ですか?」
さっそく難しい質問をうけた

「えっと。。。○○病院のY先生からそちらのA先生の紹介されました」
「はい、わかりました。それで予約はどちらになりますか?」
「どちらかわからないんですが。自分で決められますか」
「自分では決められません、紹介状に書いてあるんですが」

紹介状は封がしてあるので見れないので、Y先生の病院に電話で確認し
「セカンド・オピニオン」だということがわかったので再度電話してみた

「セカンド・オピニオンですね。そうしますと保険がききませんから
 相談料として1時間あたり26,500円かかります 」
「今からですと先生との予約は8月19日以降ですね」

「治療費はいくらぐらいかかりますか」
「こちらではわからないので折り返します」

病院と言うのはなかなか一筋縄ではいかないものだ、と改めて思い知らされる

Y先生との診察が終わってから仕事に向かっている途中で電話がかかってきた
まわりがうるさくてあまりよく聞こえなかったが
「治療は治験扱いでほとんどかからないが、入院費用は保険適用にならず約30万実費で負担」
のようだ

いっきにラジオ波焼灼の興味はトーンダウン
30万円が高いかどうかは個人差があるので、一概には言えないけど
また再発するかもしれないのに、痛い思いをして、たとえ数日でも入院し
肺から空気が漏れるリスクを負って、みすみすドブに捨てるかもしれない30万円は
私にはあまり価値がないように思える

それなら、サイバーナイフの方がいいな。
保険がきくので10万ちょっとぐらい、週2回、2週間の通院、痛みなし、入院不要
施術後運動可ぐらいなので午前に予約したら午後から仕事に戻れるといいことづくめ。
半年後に肺炎(病気の肺炎ではなく、肺が炎症をおこす)になると言われたが
放射能アレルギーは大丈夫そうだからなんとかなるのではと信じたい


がんになってから「10万」が「安い」ぐらいに言ってる私。
いつからそんなに金持ちになったんかい^_^;


ところで、ラジオ波焼灼のイメージビデオを見つけたので参考までに


こちらは実際の手術(肝臓)
焼くときに煙がたってる!(冷汗)考えてみたらあたりまえなんだけど。
ひょえ~
肺の場合、息吐いたら口から煙が出るのかねぇ すげ~
ちなみに部分麻酔



関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

RFA(ラジオ波焼灼) | 05:18:22 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。