■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
手術前の先生からの説明
手術前、担当執刀医のY先生から手術の詳細について説明をうけた


考えてみたら「大腸がんの摘出手術をする」以外詳細は何も聞いていなかった
でもなぜかそれ以上自分から聞いてみたいという発想がなかった


お腹のどの位置をどのように切るのか。
腸のどの部分を摘出するのか。
切除した後、どのように縫合するのか。

考えられるリスク。
危険度
合併症



「今はCTや内視鏡のデータだけしかないので、開けてみないと正直わからない」

確かにそうだ。
例えば腸の内側は内視鏡で見られるが、腸の外側はCTにうつらなければ
開腹してみないとわからない。


「目視、顕微鏡、臨床検査などでわかる癌は全て取る」

「他の臓器に転移していた場合もとれるものは取る」

「大腸の上に子宮がある。もし転移していたり、
大腸の手術が複雑で子宮が手術の邪魔になる場合は摘出する場合もある」



聞いているとなんでもバンバンとっちゃう、みたいな説明だった


妹が涙目で聞いている
「手術が終わったらお姉ちゃんの体、からっぽになっちゃうんじゃない 」


妹や両親に泣かれるのが一番つらい。


どこかに書いてあったな。
「一人称の死は耐えられ手も、二人称の死はもっと辛く耐えがたい」


まだ死んでないけど ^_^;

確かに自分の辛いことはなんとかなるが家族の辛いことは耐えがたい

私が健康で家族が病気じゃなくてよかった


関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

入院 | 22:21:20 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。