■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
RFA (ラジオ波焼灼) - 3
築地の国立がん研究センターに行ったのは、RFA (ラジオ波焼灼)を聞きに行くため

先生からの説明は。。。

(1)現在CTに見えているものを"皆殺し"にすることは可能
「み、皆殺しって。。。(爆笑)」 せんせ、コトバが過激ですね~^^
でも、肺にあるものは転移なので、すでに転移していてまだCTに写っていないものは対処できない

(2)RFAと手術を比べたら
RFAは体へのダメージはかなり少ない

(3)RFAで合併症や副作用
術中の疼痛、出血、気胸(空気が漏れる)、膿瘍(のうよう=膿む)などなど多くあるが
肺機能が影響するところが多く、私の肺は状態がいいので(運動している、タバコを吸わない等)
可能性は高くなさそうだ

(4)痛み
局部麻酔で硬膜外麻酔を遣わなくてもよさそう。
1つ、肋間神経に近いところにあるので、それを治療する際痛んだり
熱いと感じる可能性が高い。

「えぇ。。。? 熱いんですか?(半べそ)」
「大丈夫、都度局部麻酔を追加するから」

懸念していた、肺を焼く際に呼吸するたびに焼けるような臭いがするとか
口や鼻から煙が出るとか、そういうのはなさそう^^


(4)費用
体の痛みもそうだが、お財布もかなり痛いぞ!
まず保険がきかないので、自由自己負担 約40万円!
もし、術後何か問題があって入院が長引けば、どんどん費用はかさむ。
しかも私の場合両肺なので、一度に施術して何か問題があったら呼吸ができなくなるので
1カ月程度の期間をあけて2度行う。つまり80万円!!! しょえー!

先生からの提案は、私の肺の状態がいいので、片方処置して1~2日様子を見て
大丈夫そうだったらもう片方する。
それができたら80万円が例えば60万ぐらいにはできるかもしれない。


入院するには、都内のホテルに滞在した気分になれそうでいいけどね。
19階のカフェの夜景もよさそうだし。

もし夜寝られなかったら、朝4時には築地の魚市場に行けるじゃん。
点滴スタンドをガラガラ押しながらね^_^;


でも。。。
う~ん。。。 やっぱりサイバーナイフかな






関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

RFA(ラジオ波焼灼) | 09:57:50 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。