■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
手術時のお腹の切り方
最後の悪あがき

「先生、やっぱり切らないとだめですか」
「ビキニ着れなくなっちゃうし」

「ビキニのために死ぬのか」

うぅ。。。

最初に診察を受けたN先生だ。
いやいや、センセ、ビキニは冗談だったんですけど。。。


「かなり立派な癌だから、腹腔鏡では取り残しがあったりするかもしれない」


やっぱり、ダメだったか。
しょうがない。


手術は開腹と腹腔鏡の併用


私は直腸癌だったので、

①腹腔鏡用の穴が4つ
  おへそすぐ上2cm
  右腰骨の内側4cm
  右腰骨の上2cm
  左腰骨内側2cm(のちドレイン用に使う穴)
②恥骨すぐ上からおへそに向かって約10cmほど切開(下着で隠れます)


腹腔鏡が使われていない時代はおへそ上からおへそを回避して
丸く横を通過して恥骨までずっとまっすぐ切開していたそうだ


もちろん切るところは小さければ小さいほど回復が早い。


今はこんなに普通に話すことができるけど、
手術前はネットでいろいろ調べて、フランケンシュタイン状態に
なってしまうのではないかと、ずいぶん涙した。

女の子だからね





関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

手術 | 11:32:08 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。